治しやすいところから治す--発達障害への提言

花風社・浅見淳子のブログ
発達障害の人たちが
少しでもラクになる方法を考える場です。

ギョーカイの資質を活かす(ブ)

2017-05-16 09:18:04 | 日記
誰しも、価値観のかけ離れた他人がとる行動というのは謎で、それを見たときにあれこれ理論づけて納得しようとするのだと思います。

そしてギョーカイに関して私はそれをやっている。独断と偏見を振り回しているわけですが、それを支持する人もまた多いわけです。どうしてかというと説得力があるから。説得力を生んでいるものは私の言語能力ではありません。皆さんがギョーカイに一度は期待し失望したその失望感が、私の独断と偏見に説得力を与えているのです。
先日の記事にいただいた発芽玄米さんのコメントを貼らせていただきますね。

=====

ザ・とっちゃんぼうや! (発芽玄米)
2017-05-15 04:35:31
はじめまして。
いつもは、浅見さんのツイッターやブログを拝見しているだけですが・・・
こちらの記事、私の経験とほとんど同じで、思わず笑ってしまいました。
私も「とっちゃんぼうや」と命名してます!
息子の件で一瞬だけ関わってしまった、支援センターの所長です。
「件数」だけ増やしたい、来る者は拒まず、来た者は全て真っ黒にする。
あちこちの勉強会やらで講師をしたり、いろんな団体で“長”の付く役職に就いては、それを自身のセールストークにして、ふんぞり返ってました。
でもその実態は、地元の社会福祉法人の一職員にすぎません。
私の居住地はかなりの僻地で閉鎖的な田舎です。地域一帯の市町村が、この社会福祉法人に一括して障害者関連の支援事業を委託しているため、この法人が地元で困って悩んでいる親子を食い物にして、甘い汁を吸い取っている状態です。
まさに「無駄な公共事業」。
その「とっちゃんぼうや」のお陰で、子どもが良くなりました!と喜んでいる保護者が多数いるのですが、実態を聴いてみると、うまい具合に支援施設を利用させられているだけの様子です。
最近の流行は、
中高生に「放課後デイ」を利用させ、小さい子たちの面倒を見させる→人気者のお兄さんになる→本人は頼られてうれしい→小さい子たちは指導者よりもお兄さんの言うことをよく聞く→指導者(スタッフ)は仕事がラクになる→そして、中高生の親は放課後デイの利用者(つまりお金を払っている側)なのに、「うちの子は、放課後デイのお手伝いをしに行って、いきいきしている。」と大喜び。
→卒業後は就労支援に通い続けるも、なかなか就職できずに月日は流れる。
・・・いいように利用されていることに当事者側が気づいていない。

これからも楽しい記事、ためになる記事、よろしくお願いします。
もちろん、花風社の書籍も楽しみにしています。

=====

この場合は私がセンター職員を見て抱いた「とっちゃんぼうや」という表現にぴんときてくださった発達障害者支援センター体験が、発芽玄米さんにあったわけですね。

福祉の世界は
・なるべくたくさんの人が
・なるべく長い間
・なるべく重い障害に
とどまってくれるのが利益につながるから、そりゃああちらはそうします。
でも中には、上手に必要な時だけ利用してより自由な生き方につなげているという人もいる。
私はそれを提言しているわけです。

そして私の提言にどれだけ頭に来ても、ギョーカイが何も言ってこない、私の首を取りに来ないことを私はよく知っているのです。

なぜなら彼らの資質は「死んだふり」だから。
ギョーカイ人の「死んだふり」という資質に私はかつて被害を受けました。皆さんも現在進行形で被害を受けているでしょう。
でも私は、その「死んだふり」を活かして、お伝えすべきということを皆さんにはっきりお伝えしているのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その自閉症、ホンモノですか? | トップ | これが資質 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
のんの (ギョーカイの正体)
2017-05-16 12:13:51
浅見さん、母上の体調はいかがですか。日記、興味深く読ませていただきました。思い出したことがあり、再度投稿します。亡き母の入院中、色々な方が力になってくださいました。当時、私を含む家族は大変混乱していました。知り合いに援助職がいたのですが、この人の冷静な助言にはずいぶん助けられました。知り合いは、親御さんを扶養家族にしていた働き者です。ですが、親との関係の難しさを時折話してくださり、親子関係の深さをつくづく感じたものでした。前置きが長くなりました。ここから本題です。ブログで再三言及されているギョーカイ。このあり方は、過去に読んだ新聞記事の中身とだぶってみえます。ネズミ講と呼ばれる仕組み。この集金システムにそっくりだと感じるのは気のせいでしょうか。青いお祭り関連で啓発の為の無料映画上映会を行ったようです。当事者や家族が属する会のホームページをみて、この上映会の費用を捻出するクラウドファウンディングの告知がなされていたと知りました。子供がよりよく生きる為には、時間もお金も労力も惜しまない。それが人情だと思います。そこにつけこんでいるのが、ギョーカイという代物の正体なのだと感じます。
私が出会ったギョーカイ人 (発芽玄米)
2017-05-16 17:18:39
コメントをとりあげていただき、ありがとうございます。
浅見さんの言葉ひとつひとつに、「うんうん。そうそう。」と頷いております。
「死んだふり」も経験いたしました。(笑)

我が家の場合、上手く利用できたわけではありませんが、よかったのは、福祉ギョーカイと関わった短い期間に、親だけでなく、息子自身が悔しい思いをし、「これはおかしいよ。」と感じたことが少なからず次に進むエネルギーになったことです。
不登校の相談がそもそもの始まりだったのですが、「とっちゃんぼうや」率いる一味にオサラバした後は、学校に通い始め、勉強は苦手ではあるものの、今春からは高校生活を楽しんでいます。
もちろん、問題を起こすことも、困ったこともたくさんありますが(苦笑)。

私が出会ったギョーカイの人たち、自称“支援者”の人たちは、自らの狭くて浅い引き出しの中から、ありったけの知識をひけらかして、間違ったアドバイスをしたり顔でする人ばかりでした。しかも、その知識のどれも、完全に的外れなものばかり。
正しい知識をもつことは大事なことですし、その点では私もまだまだです。
ですが、知識よりも意識なんだな、と感じることも多いこの数年でした。
発達障害のことを全く知らない先生でも、息子に向き合ってくださり、親の話に耳を傾けて一緒に考えてくださった場合、息子自身が少しずつ成長したように思います。
こんな話をすると“親の会”で知りあったお母さん達から、集中砲火を浴びるんですね。親の会にも早々にサヨナラしてしまいました(笑)。

浅見さんのブログやツイッターを初めて拝見したとき、現実をきっぱり伝えてくださる姿勢に気持ちが救われました。
これからも、がんばります。
発芽玄米さんに質問 (浅見淳子)
2017-05-18 07:10:39
発芽玄米さんに質問させてください。
親の会に集中砲火浴びるっていうのは
「発達障害のことを知らなくてもいい対応をしてくれる先生がいる」っていうところなんでしょうか?
ご質問の件です (発芽玄米)
2017-05-18 10:22:14
浅見淳子様

わかりにくい表現で申し訳ありませんでした。
ご質問の件。具体的な内容も含まれるので、こちらのコメント欄ではなく、メールで説明させていただきたいので、少しお時間をいただきたく思います。
花風社さんのHPにある、お問い合わせフォームのアドレスでよろしいでしょうか?
Re:ご質問の件です (浅見淳子)
2017-05-18 10:27:16
発芽玄米さん。
ありがとうございます。
お手数おかけします。
はい、そこで結構です。
よろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む