治しやすいところから治す--発達障害への提言

花風社・浅見淳子のブログ
発達障害の人たちが
少しでもラクになる方法を考える場です。

発達障害は心の障害ではありません。神経発達の障害です。

2017-04-21 13:16:24 | 日記

しばらくこのお知らせはトップにあります。
日々の更新はこの下をごらんください。

=====

お世話になっております。
花風社ではこのたび、栗本啓司さんの新作
「人間脳の根っこを育てる  進化の過程をたどる発達の近道」を発刊いたします。

発達障害は心の障害ではなく、神経発達障害だということが医学的に確認されました(DSM-5)。
神経発達障害ならば、身体へのアプローチが効果的なのは当然です。神経は身体中に張り巡らされていますから。

そして、認知的なアプローチに先立って、神経を育てるアプローチが大事なのは自明の理です。
中でも人間らしい活動をつかさどる中枢神経はどこにあるかというと、頭蓋骨の中と背骨の中にあります。
花風社はこれまで、『自閉っ子の心身をラクにしよう!』『芋づる式に治そう!』『人間脳を育てる』『愛着障害は治りますか?』などの著作を通じ、背中へのアプローチで人々がラクになっていくのを目撃してきましたが
発達障害が神経発達障害である以上、しかも中枢神経が人間らしい活動をつかさどっている以上、背中へのアプローチに効果があるのはいわば当たり前だったわけです。


発達障害=神経発達障害
ということがわかって、なぜ身体アプローチに効果があるのかはっきりしてきました。
そして
神経発達障害ならば、神経を育てればいい。
ならば神経がどう育つのか、たどってみよう。
と考え、シンプルな発達援助法に至りました。
その実践には、心身の苦痛が一切伴わず、誰でも取り組めることがわかりました。
一冊にまとめてみましたので、ぜひお読みになってみてください。

なお、このたび花風社はホームページをリニューアルいたしました

ホームはこちら



カテゴリーに分かれています。

発達を促そう


当事者の声を聴こう


社会とつながろう



支援と上手に付き合おう



新刊は「発達を促そう」で買えます。




新刊及び同時ご注文の既刊、すべて送料無料です。
ご注文の冊数だけ最新の自閉っ子通信(フルカラー)をおつけします。
テーマは「身体アプローチから言葉以前のアプローチへ」です。
この機会にどうぞ、お求めください。
新HPでは会員登録もできます。
登録しなくてもご購入は可能です。

今後とも花風社の本をよろしくお願いいたします。

浅見淳子


*アマゾンでご注文ご希望の方、こちらです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「本の中の」栗本さんはステキ | トップ | 人間脳の根っこを育てる身体... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む