治しやすいところから治す--発達障害への提言

花風社・浅見淳子のブログ
発達障害の人たちが
少しでもラクになる方法を考える場です。

「本の中の」栗本さんはステキ

2017-04-20 09:54:55 | 日記




ちゅん平さんが根っこ本、レビューを書いてくれました。



先日「つかまらないで立つ」についてこのブログでも触れましたが
先日ちゅん平さんが駆けつけてくれた講座でわかったのは
ちゅん平さんの場合、つかまるのも下手だということでした。
そういう身体でドラッグストアで働いているから、時々腰痛になってるね。

よく「治る」を被害的に取る人は
治る=完全に健常者になる と解釈してあれこれ難癖つけてきます。「治るなんてウソ!」と
「治った~」と喜んでいる親子をたしなめたりする。
たしかにちゅん平さんの身体をみていると栗本さんは「コタツの中の脚がないっていうのはこういうことか」と勉強になるみたいだし、ちゅん平さんは白衣着て働けるようになってもまだ腰痛が出る。でもこの先シップ貼りながらやっていくか腰痛の出ない身体にするコンディショニングをするかはちゅん平さんが主体的に決めるところです。とりあえず働いて、職場で評価されるところまではきた。そこに「治らないから無駄」と冷や水かけるやつらには「自分のけちくさい精神は自分で処理してね」と言ってやりたいですね。

ちゅん平さんはコンディショニングするほうを選ぶんじゃないかな。
それはちゅん平さんが根性あるから、だけじゃないですよ。
栗本さんが提唱している方法は、根性のない人でも取り組めるほど簡単だからです。
人間、易きに流れるでしょ。その性質を利用すると取り組めます。だってやるの大変じゃないし、やったらラクになるんだもん。

身体アプローチもコスパ感覚で見ると
感覚統合とかより相当栗本さんのやっている方法は「近道」です。
私が今回、「近道」という言葉をサブタイトルに入れたのは、「コスパがいいよ」っていう意味と、治らなくクラスタに対する挑発です。「健常者にはならないかもしれない。なる人も中にはいるかもしれないけどね。でも近道だよ」ってね。

ちゅん平さんは、本の中の栗本さんはかっこいいと言っていました。
余計な話しないからですね。長澤まさみと見合いした夢見たとかさ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聴覚過敏は治りますか? | トップ | 発達障害は心の障害ではあり... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに (373)
2017-04-20 13:48:13
「本の中の」栗本さんはカッコよかったです(笑)
Unknown (ロッタ)
2017-04-20 15:16:07
彼らの言う「治る=完全に健常者になる」って何なんでしょうね?幻の「完全な健常者」様像を前提にきーきー言ってまあ、ご苦労様なことでございます。
遅ればせながら新しいHPにて会員登録し、新刊を注文させていただきました!もう、本当にめちゃくちゃ楽しみにしています!
373さん (浅見淳子)
2017-05-03 10:50:35
カッコいいですかね。
私は本を作りながら「この人なんでこういうイケてる面を仕事以外で出せないのだろう」と不思議に思いました(笑)。
負け惜しみ (浅見淳子)
2017-05-03 10:52:19
ロッタさん。
彼らは別に「完全なる健常者」を本当は想定していないと思います。ただ自分たちがやらないことをやっている人たちが目障りで酸っぱい葡萄しているだけ。このギョーカイの言論の多くが負け惜しみですからね。
またお越しくださいませ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む