12時間Blog

映画とかマンガとかドラマとか

[映画] メッセージ

2017-05-19 | 映画
「メッセージ ARRIVAL」を新宿TOHOシネマズにて観てきました

いやー、何とも ”渋い” 映画でした(゚д゚;)

人類が人類以外の知的生命体と出会ういわゆる ”ファーストコンタクト” 物で…って丁度一ヶ月前にこのブログで「正解するカド」という現在放送中のテレビアニメについて全く同じ表現を使いましたがw、昨年の「シンゴジラ」との親和性といい、「カド」の企画脚本は2015年には完成していたという事からすると、まるで奇跡のようなタイミングで作品の発表が続いてるシンクロニシティですな

ハリウッド映画でファーストコンタクトと来ると、ほとんど全ての作品で ”戦い” に主眼が置かれてしまって、良くも悪くも ”わかりやすい” 展開とオチ(解決)が求められてしまいがちですが、今作は少々毛色が違います

内容には触れずに表現すると、”単館系映画” です

静かな展開の中でのSF的な思索と、観客が自らの内面に問いかける事を求めるタイプの作品ですので、派手なドンパチを期待するような観客には全く向いてません


ご注意下さい




以下ネタバレ感想:


序盤から中盤にかけての ”未知との遭遇” の中で世界中が疑心暗鬼に陥って混乱したり、一体何が目的なんだ?そもそもどうやってコミュニケーション取りゃいいんだ?的な引っ張り具合はホント最高で何の文句もつけようもありませんでしたヽ(゚∀゚)ノ

上述した「正解するカド」では僅か数分で片付けた要素を延々と1時間以上かけて続けられたのに面食らったのも事実なんですがw、生物としての存在の次元が違いすぎて、発狂する研究者を出したりしつつ、どうにかこうにかコミュニケーション方法を探っていく展開は抜群に面白かったですね

ただ肝心のオチについては、3000年後に一体何が起こるのかの説明が完全にすっ飛ばされてたので、うーむ…と何だかモヤモヤした感覚で劇場を後にしました…(-_-;)

そして(未来にて)旦那のイアンとケンカ別れしたっていう流れがありましたが、ひょっとしたらオレがおっさんだからこそのモヤモヤで、女性の観客目線だと主人公の行動は普通にしっくりくるカンジだったんでしょうか

あの表意文字が人類にもたらされた事で地球人類がある程度の未来予知?的な能力を獲得し、人類全体も融和する様になったという展開が解るようで解らないっていうのも大きいかな……どうもオレの想像力を越えてしまってる超展開にしか感じられなかったのが残念でした
人類融和のキーとなった中国の将軍が、お前「24」に出てたアイツだろ!と余計な情報に振り回されてしまったというのもありますが……あのキャスティング、絶対にスタッフの遊びゴコロな気がするなあw
(遊びゴコロと言えば、七本足のヘプタポッドとやらの出す ”音” を某「宇宙戦争」のトライポッドと似た音にするのはどうなのw)


それにしても序盤のニュース素材の中でいきなり登場したにも関わらず、その後の展開に全く関わってこなかった ”オッカイドー” の影の薄さよ(^_^;)

字幕ではスルーされてしまってましたが、”同盟二国はともかく、他国がアメリカと同調するワケが無い”~みたいなセリフがあって、日本(とオーストラリア)の存在について辛うじて触れてくれてはいましたが…w


また「正解するカド」の話で恐縮ですが、社会不安が増大して暴動が多発したり宗教的な大問題になってたりする世界各国の描写を見せられて、”うむ、ヤハさん、あんた日本に来て正解だったよ” と実に納得させられたのは面白すぎる体験でしたw( ̄∇ ̄)
(アニメを見てない方ホント、すんませんw)




映画感想一覧

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [テレビアニメ] 「正解するカ... | トップ | [劇場アニメ] 宇宙戦艦ヤマト... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yasu)
2017-05-27 21:31:56
オデッセイの時も思いましたけど、チャイナマネーのお陰でまた中国が特別扱いかよーとw
Unknown (たばたけ)
2017-05-28 15:20:36
中国人の方が西洋人よりも表意文字に強い設定はまあ不自然ではないかなとw
あとオレは原作を読んでないからよくわからんけど、SF小説としては
名作だけど凄く地味で映画化はあり得ない~的な評価だったそうじゃない
中国系の作家だから中国資本がついたのはこの映画にとってはラッキーだったんだろうねえ
Unknown (yasu)
2017-05-29 11:48:14
中国人が表意文字に強いってのは確かに説得力ありますね。
中国持ち上げと感じるのは個人的に穿った見方しすぎかもしれませんねw
ともあれ映像化が難しい作品でも退屈しないように上手く見せるなぁと思いました。
押井監督が好きそうだなーとも思いましたw
Unknown (たばたけ)
2017-05-29 16:29:09
感想には書かなかったけど、世界中が不穏な空気になってる中で日本の描写が
一切ないのはおそらく全然騒動になってなくてつまらないんだろうなとか、
イカちゃん呼ばわりされてたりどうやって食材にするかで議論されてたりで
シリアス成分が全部吹き飛んじゃうんだろうなあとかアホな想像しながら観てたw
押井監督が常々発言しているSFは日本人に似合わない~とはこういうことなのだろうかw

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
メッセージ  監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ (西京極 紫の館)
【出演】  エイミー・アダムス  ジェレミー・レナー  フォレスト・ウィテカー 【ストーリー】 巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、言......
メッセージ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基にしたSFドラマ。球体型宇宙船で地球に飛来した知的生命体との対話に挑む、女性言語学者の姿を見つめる。メガホンを取るのは......
"あなたの人生の物語"『メッセージ(Arrival)』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、エイミー・アダム...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、ラストその他全般に触れています。『メッセージ』Arrival原作 : テッド・チャン監督 : ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演 : エイミー・アダムスジェレミー・レナーフォレスト......
映画:メッセージ Arrival 21世紀版、エイリアンとのファーストコンタクト、は 映画初...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まずオープニングで舌を巻く。 ほんの数分で主人公の職業・経歴・経験値だけでなく、心の状態までもが露わにされる。 ほぼ平行して直ちに事件が発生、鑑賞者もその危機的状態......
メッセージ (Akira's VOICE)
ドラマチックに満ちた映画体験に涙がこぼれた。  
「メッセージ」第29回東京国際映画祭 (ここなつ映画レビュー)
特別招待作品。アメリカ映画。監督はこれまでにも私が個人的にイチ押ししているドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。実は、今年の東京国際映画祭は、チケット発売日にチケットが買えないと......
[映画『メッセージ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・私は、たまに「10年に一度の傑作」と言う言葉をよく使うが、名作は数あれど、そういう場合は特に、物語に「大きな時代の転換点」が付随されたものを言う。 これまでの......
「メッセージ」 (或る日の出来事)
なかなか地味どしたなあ。
メッセージ (だらだら無気力ブログ!)
なんで未来が分るんだっけ?
メッセージ(2016) (映画的・絵画的・音楽的)
 『メッセージ』(2016年)を渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)アカデミー賞のいろいろな部門でノミネートされた作品(注1)なので、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は......