12時間Blog

映画とかマンガとかドラマとか

[映画] オデッセイ

2016-02-05 | 映画
「オデッセイ」を川崎109シネマズにて観て来ました

探査中の事故により、たった1人で火星に取り残されてしまう~という展開はSF版「ロビンソン・クルーソー」といった趣でしたが、従僕のフライデーどころか周りには天然の恵み的な水や空気すら存在しないというとんでもない環境でのサバイバル劇はまさに圧巻のひと言でした( ゜∀゜)o彡゜

また、宇宙の彼方で孤独に耐えて生き延びる役柄をマット・デイモンが演じてるというのは一昨年の名作SF「インターステラー」を彷彿させたりもしますが、あちらと違って今作ではそう遠くない未来を舞台にしているので、ワームホールも超重力下の星からあっさり離脱出来るような物凄いロケットも便利な超科学ロボットも一切登場しないので、火星という舞台で ”ただ生き延びる” だけでも如何にそれが困難なのかは推して知るべしです…

地球から遠く8000万kmも離れ、気温マイナス50度、仮設の基地には一ヶ月分の物資しか無く、周囲にはもちろん水も空気も存在しないという極限状況下において、たった1人の人間に果たして何が出来るのか?

どこまでも容赦の無い ”リアリティ” の制約の中で、次々と襲い来る ”絶望的” な逆境に対して主人公がひたすら生きようとあがき続ける様はもはや感心などを通り越して唖然とする程でしたが(^_^;)、面白い事に、いくらでも観客を不安に陥れられる設定なのにも関わらず(それこそホラー並に)、映画全体の雰囲気としては意外な程に ”軽い” んですよ

主人公の独特なキャラクターに依る所が大きいんですが、決してコメディというワケではなく、ひたすら前向きな姿勢で突き進もうとする映画なので、是非とも万人にオススメしたい娯楽作品です!


160206追記:

オレなんかが何百何千と言葉を並べようとも、今ツイッター等で賑わってるたったひと言の宣伝効果の足下にも及ばない現実(^_^;)w

”「オデッセイ」は火星版DASH村”




以下ネタバレ感想:
いやー、メチャメチャ面白かったですな!

オレは昨年半ばくらいの短い特報映像しか見てなくて予備知識もほぼゼロの状態だったので、一ヶ月分の物資しか残されてない中で次の探査機が来るのは四年後、地球との通信も不可能、といったとんでもない状況が語られたときの絶望感といったらなかったですね…(゜Д゜;)

ラストでも語られた、”目の前のやれる事を一つずつ解決して行ければいつかは全てが解決する~” みたいな主人公の絶対に諦めない姿勢から繰り出されるアイディアの数々にはいちいち驚かされました

生き延びる為には何でも使ってやろうと基地内に菜園を作りだし、排泄物から肥料を作り出し、ロケット燃料から水を作り出し、更には前世紀の火星探査機・パスファインダーまで掘り起こした時にはもうワクワクが頂点に達していましたねえd(≧▽≦*)

たった1人で~と上では書きましたが、地球のNASAや母船のクルーの連中にも優秀な連中が沢山いて、それぞれが全力で知恵と勇気を振り絞って最後まで主人公を助けようと奮闘し続けたのも実に素晴らしかったですヽ(^O^)ノ 

そう、この映画の登場人物には ”悪人” が全く存在しないのも特徴でした……宇宙や火星の環境がもうそれ自体で十二分に ”ヒドい” ので(^0^;)、人間のちっぽけな悪意なんぞが割り込む余地なんて無かったって事なんでしょうな

主人公がひたすら楽天的でいてくれたというのが何より大きかったですが、他人の足を引っ張るような底の浅い登場人物が一人もいなかったっていうのも、この映画が過度に重苦しくならずに爽やかな印象を最後まで貫き通せた要因だったと思います(あと陽気なディスコミュージックもw)……となると「インターステラー」で ”最悪” な役柄を演じていたマット・デイモンが、似たような環境での不屈の主人公役を改めて演じたというのもきっと何かの運命なんでしょうw

終盤での激ヤセっぷりが凄かったですが、この映画がもしひたすら ”シリアス” 調の作品だったら、もしかして142分間もの長さの緊張感に耐えられなかったかもしれないなとゾッとさせられたのも確かでした( ̄▽ ̄;)

映画感想一覧


『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [テレビアニメ] 僕だけがいな... | トップ | [映画] SHERLOCK/シャーロッ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
オデッセイ ~ 火星でD.I.Y. (まぜごはん)
「オデッセイ」観てきました。 公式HP 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、...
オデッセイ3D ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『グラディエーター』などのリドリー・スコットがメガホンを取り、『ボーン』シリーズなどのマット・デイモンが火星に取り残された宇宙飛行士を演じるSFアドベンチャー。火星で死亡したと思われた宇宙飛行士が実は生きていることが発覚、主人公の必死のサバイバルと彼を助...
オデッセイ(3D) / The Martian (勝手に映画評)
アンディ・ウィアーのベストセラー『火星の人』の映画化。第73回ゴールデングローブ賞で作品賞と主演男優賞(マット・デイモン)を受賞。第88回アカデミー賞では、作品賞、主演男優賞(マット・デイモン)、脚色賞、美術賞、視覚効果賞、録音賞、音響効果賞の7部門にノミ....
[映画『オデッセイ』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『オデッセイ』を観てきました。 『ゼロ・グラビティ』や『インターステラー』の後追い企画ではあろうけど、面白かった。 エンドクレジットでリドリー・スコット監督と知り驚いた次第。 確かに、少なからずの男臭さがありました。 まあ、火星に置き去りになっ...
「オデッセイ」レッツポジティブ(^^;! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 地球のお隣の惑星、火星。その火星にたった1人で取り残されたら…。「オデッセイ」(20世紀フォックス)。究極のスペース・サバイバル・ムービーなんですが、何故だか微笑ましいんですよね~。  人類による3度目の有人火星探査ミッション“アレス3”は、6人の...
オデッセイ (miaのmovie★DIARY)
【THE MARTIAN】 制作国: アメリカ  制作年:2015年 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士の マーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが 死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も 水も通信手段もなく、わずかな食料し...
「オデッセイ」 (或る日の出来事)
前向き、ポジティブにつらぬかれた感動。
映画「オデッセイ(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『オデッセイ(2D・日本語字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 宇宙飛行士で植物学者のマーク・ワトニーは、火星での有人探査中に嵐に巻...
オデッセイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『オデッセイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)前回に引き続きSF物ながら、マット・デイモンが主演であり、なおかつアカデミー賞作品賞などにノミネートされているとのことで(注1)、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、荒涼とした火星の風景が映し....
映画『オデッセイ』 THE MARTIAN ネタバレでお節介な解説 (グドすぴBlog)
(ネタバレはストーリー紹介等の後、「以下ネタバレ注意」注意書き以降から) 面白かった!この映画大好き! 絶望的なサバイバルが最新科学技術や現実に基づいたリアリティ重視で描かれるにも関わらず、この地に足の着いたエンターテイメントが観客に示してみせる...
映画:オデッセイ The Martian  シビアなはずの「サバイバルSF」が妙にポジティブ =実は「音楽」映画?  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ストーリーは超シンプル過ぎるくらいの「一発物」 (火星に探査に行ったクルーのうち、一人だけ取り残され=写真、孤軍奮闘した結果、遂には帰還に成功?) なので、正直どうか?!と事前は思っていた。 ところが見終わって、最初に思ったのは… 「流石、リドリー...
映画「オデッセイ」 (FREE TIME)
映画「オデッセイ」を鑑賞しました。
オデッセイ (もののはじめblog)
探査中の事故により、たった1人が火星に取り残されてしまう。ひとりぽっちになりがらもマット・デイモン飛行士が、決して絶望せずに前向きに生き延びようとする物語。 はじめ「ロビンソン・クルーソー」かという印象を抱いたが、・・・そこはSF映画。 絶望の中を、何....
「オデッセイ」 (ここなつ映画レビュー)
気の利いた事を書こうと思ってここまで来てしまいました。でも、結局気の利いた事なんて書けない。メールでもLINEでもそうだけれど、読んだ瞬間「了解しました!」とか「又後日!」と何も考えずに送るのが良いというのが私の持論だ。気の利いた返事を書こうなんて思ったら...
オデッセイ (銀幕大帝α)
THE MARTIAN 2015年 アメリカ 142分 SF/アドベンチャー/コメディ 劇場公開(2016/02/05) 監督: リドリー・スコット 『エクソダス:神と王』 製作: リドリー・スコット 原作: ...