12時間Blog

映画とかマンガとかドラマとか

[映画] GANTZ:O

2016-10-14 | 映画
「GANTZ:O」を川崎TOHOシネマズにて観て来ました

奥浩哉のマンガ「GANTZ」の中でも人気の高いエピソードと言われる ”大阪編” をフルCGによって映画化してるんですが、リアルな大阪の都市景観に溢れる異形のバケモノの数々、そしてSF的なハイテク兵器がバンバン登場するCGのクオリティは非常に高いです

人物キャラについてもマンガ版にかなり忠実で素晴らしいんですが、単行本にして5冊分を90分少々にまとめてるのでやはりストーリーのダイジェスト感がキツかったですね(^_^;)

原作では、いわゆる中盤のクライマックス的なエピソードなので ”サバイバルゲーム” としての ”応用編” みたいなトリッキーな展開の部分がイロイロと改変されてしまっていて、登場人物からして東京組も大阪組も半分くらいに整理されてますし、どうしても無理矢理感は否めなかったなあ…

次から次へと矢継ぎ早に戦闘が発生しまくるので退屈はしないんですが、敵の強さやら絶望感やらを感じる余裕すら無かったのはとても残念でした(感動要素なんて言わずもがな)

脚本上、この作品が単体でも成立するように施されていたアレンジは結構ほっこり出来て良かったです

映画感想一覧


『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画] 高慢と偏見とゾンビ | トップ | [映画] スター・トレック BEYOND »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL