天路歴程

日々、思うこと、感じたことを詩に表現していきたいと思っています。
なにか感じていただけるとうれしいです。

地上三センチの浮遊

2017-04-23 21:18:07 | エッセイ
「過去を手放すこと」

あまりにも苦しく、辛い出来事を経験すると、どうしても失ってしまうものがあります。深く傷ついて、戻らないものも。

それは、私のささやかな人生の中で、起こってきた事実です。

壊れてしまったものは、治らない。けれど、人は、それを補おうとする強さがあります。

それも、私のささやかな人生で、手に入れた事実です。

苦しく、辛い過去を無理矢理忘れることはないと思います。

怒りや憎しみを無理矢理抑え込むこともないと思います。

(もちろん、それらを誰かにぶつけることは、負の感情の連鎖になりますから、しないに越したことはありません。)

何かに怒り、何かを憎むのは、人間である以上、避けられません。

その気持ちを受け入れることが、大事なことなのです。

苦しくて、辛い渦中にいる時は、自分を責め、自分に価値がないと思い込んでしまいます。

そして、その過去に囚われたままだと、自分で自分を信じることができません。

それは、

どれだけ大きな絶望か!

私は、とても自己評価の低い人間でした。(今でも、その傾向はありますが。)

でも今は、

誰も何も責めることなく、その過去を生き抜いた自分を褒めてやりたいのです。

それをしてはじめて、

自分が前を向けるようになるのです。

人は、もがき苦しみ、それを抜けたかと思っても、また、泥沼にはまってしまう。

そんな繰り返しだとしても。

自分は、生き抜いてきた。

それだけでも、自分を評価できる根拠となりうるのです。

過去を手放すには、現在の自分を肯定することから、はじまるのかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チェリー キス | トップ | fly high »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。