天路歴程

日々、思うこと、感じたことを詩に表現していきたいと思っています。
なにか感じていただけるとうれしいです。

地上三センチの浮遊

2017-03-15 20:02:19 | エッセイ
『静かな夜』

私は、一人が好きです。子供の頃からそうでした。一人の孤独は、そんなに辛くないのですが、大勢の中での孤独はとても辛い。幼い私が、「一人ぼっち」を学んだ時の感触です。そして、今もそう思っています。

自分は、「平凡」で「普通」なのですが、なんか少しずれてる。「特別」でも「非凡」でもないのに、違和感がある。小さい時から、そんな小さなとげとげが気になって仕方がなかったのです。
(そう感じてる方は、とても多いかとおもいます。)

子供の頃、友達と「遊ぶ」ことがとても苦手でした。かくれんぼも鬼ごっこも、ゴム跳びもあっち向いてほいも。
すべて不得意でした。

大人になって、うれしいことは、「遊ばなくていい」ということです。

(ただ、子供時代の遊びは、大事なことだと思います。私は、「遊ぶこと」から逃げていたばかりに、欠落している大人になってしまいました。コミュニケーション能力だったり、判断力だったり、「勉強では学べないこと」が著しくできないまま大人になったのです。)

大人になると、「みんな」で行動しなくなり、「ひとり」が単位になってきます。

私にとって、今が一番、楽だと感じています。

静かな夜を一人で過ごす。

なんて贅沢を貪っているのでしょう。

ただそれは、それを享受できる健康と状況があるから。

そのことは、肝に銘じておきたいと思います。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アフォガート ラブ | トップ | 春寝春雨 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。