天路歴程

日々、思うこと、感じたことを詩に表現していきたいと思っています。
なにか感じていただけるとうれしいです。

月夜の人魚

2017-07-14 19:33:15 | 


今宵は満月
真珠のような
しとやかな月

海は穏やかになぎ
月の光を浴びて
金糸のさざなみと
銀糸のさざなみが
ゆらゆらとたゆたう

さやかな月に誘われて
柔らかな波に誘われて

人魚が波間に見え隠れ
人魚が岩場に横座り

緑なす黒髪の人魚も
燃える赤毛の人魚も
輝く金髪の人魚も
まばゆい銀髪の人魚も

集い
さざめき
歌い出す

人魚が波間に見え隠れ
人魚が岩場に横座り

黒曜石のような瞳の人魚も
猫目石のような瞳の人魚も
瑪瑙のような瞳の人魚も
青玉のような瞳の人魚も

集い
さざめき
歌い出す

海原に船を漕ぎいだす人間は
人魚の歌は船を沈ませると

人魚を恐れ
人魚の歌を忌む

真実は違う

人魚の歌は
甘やかで
美しい

けれど

あまりにも寂しい

人魚たちの孤独のこもった
人魚たちの涙のこもった
歌だから

広い海を滑る船は
それを操る若者は

あまりにも寂しい

寂しい魂と魂は引きあって
孤独な魂と魂は引きあって

抱き合ってしまうもの
くちづけを交わしてしまうもの

若者が人魚の魂に触れたなら
人魚が若者の魂を慰めたなら

若者は海に抱かれるしかなく
船は海で眠るしかない
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ただ痛みだけが残る | トップ | 解き放たれていい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。