ようちゃんばあば日記

田舎で 4世代8人家族の にぎやかな生活。

お米と野菜をつくり、保存食作り 編みものなどの日常を綴っています。

秋の日

2016-10-12 | 編み物・刺繍・裁縫・手工芸
先日 体育の日のことですが

地元の神社の お祭りでした。

昔は 河川敷に作ったお祭りの会場で おみこしや いろんな催しがあり

お店もたくさん出ていましたが

いまは 軽トラや乗用車を何台も連ねて

氏子の地区を順にまわってきます。



長いあいだ神主さんだった方が引退され 今年は

女性の神主さんがお祓いを

年配の男性の神主さんが祝詞を あげてくださいました。

 



榊とお初穂をお供えして 子供は 獅子に頭をかぶってもらい 



今どきの子は泣かないのね。



太鼓をたたく小学生たち。



笛と太鼓の音を響かせながら 次の場所へ向かっていきました。

ようやくお天気が安定して 稲刈りもおわり

畑が ようやく きれいになっていってます。

編んでいたスヌードは 出来上がりました。

 

暖かく ふんわりして とっても つけ心地はいいのですが

撚りの甘い糸なので ちょっと見に

編み目がきれいに見えないのが 残念です。

実りの稲穂のような色合いです。


にほんブログ村のランキングに参加しています。

どれかひとつ ポチッとしてくださるとうれしいです。

 にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村  にほんブログ村 料理ブログ 保存食へにほんブログ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へにほんブログ 
    
ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青紫蘇と荏胡麻の実の佃煮 | トップ | みかんの熟れるころ »

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ようちゃんばあばさんへ (まりも)
2016-10-12 15:59:24
以前住んでいた岐阜も この様な光景です
子供も少なく 大人も若い方が少ないので
車で回っていました
甘い撚りの糸 フワフワして良いですよね
首の回りが暖かく 一枚あるといいですよね
色も 優しい色で素敵!!
懐かしい (おてん婆ぁ)
2016-10-12 16:58:33
こんにちは!

うふふ 最後の写真は どこか すぐにピン!と来ましたよ。(^_-)-☆
かつて・・の私の通学路。
懐かしいです。故郷を出て38年も経ってしまいました。
一気に子供の頃のお祭り風景が 思い出されました(涙)
あの日 私も草刈に行っておりましたが 会えませんでした。残念。
昔は一大イベントでしたね~~♪
おじいちゃんは ママカリをとろ箱で買い占めて(笑)来て、ママカリの酢漬けと、レンコンもたくさん買ってきて 大きく切って酢レンコンも作っていましたし、おばあちゃんは大きなハンボウに沢山の散らし寿司を作っていましたっけ。
勿論 鰆の酢漬けが張ってありましたよ。
あの頃はシーズンのマツタケが沢山獲れて「もう要らん! また松茸なん?!」って・・贅沢な事言ってましたねぇ。(笑)
稲穂のような色で素敵ですね。。 (TANAKA)
2016-10-12 19:05:20
今日の講習で、お茶の時間にようちゃんばあばさんの話題になりました。
私の生徒さんの中には、私のブログから、
ようちゃんばあばさんのブログを読んでいる方も多いのです。
異口同音にみな、時間を有意義に使っておられて
凄い人ですね~!!と言っていました。
私も同感で、ひとしきりその話で盛り上がりました。
いつも役に立つレシピや話題など、ありがとうございます。
まりもさん (ようちゃんばあば)
2016-10-12 19:44:11
お祭りの日には これとは別に 地区ごとに獅子を子供たちが担いで各家を回り
お菓子をもらったりしていましたが 今は子供も少なく 獅子は眠ったままです。
年とともに 無難で暗い色の洋服が多くなりますが
こんな明るい色の小物を 顔もとに使うのもいいなと思います。
おてん婆ぁさん (ようちゃんばあば)
2016-10-12 19:50:25
稲刈りシーズンでもあり お祭りのご神幸がきても でてこない家が増えました。
この日も でてきていた人たちと 
「むかしは おまつりといやあ ママカリの酢漬けやバラ寿司
レンコンの天ぷらなんか 仰山作ったもんじゃけど…」と
思い出話に花が咲きました。
つまり さいきんは 誰も作ってないということですね。
そうそう うちも裏山にマツタケが生えていました。
今は 松の木がありません。
TANAKAさん (ようちゃんばあば)
2016-10-12 19:53:23
ええ ありがとうございます。
お茶の時間に話題にしていただけて うれしいです~
ブログは やったことと いいこと しか書かないですからね(笑)

一緒に おしゃべりに参加させていただきたいものです。
Unknown (タカコ)
2016-10-12 20:32:18
あらま!!お神輿もスピードアップ

この毛糸、去年柔らかくって良さそうって思って印象に残っていました。
色も柔らかなのに、差し色にとして効いてるし
良いのが出来ましたねぇ~~
また毛糸の季節ですね。
Unknown (お地蔵さん)
2016-10-12 21:22:28
軽トラック移動ですか・・・

おみこしの担ぎ手もだんだん少なくなってきてるでしょうし仕方ない事でしょうね
歩いて氏子周りも時間がかかり大変でしょうね みんなむかしに比べると
忙しいですものね・・・

スヌード ふわふわと暖かそうですね
色合が、これからの季節に良い感じですね。
タカコさん (ようちゃんばあば)
2016-10-13 07:02:01
こうして回っても 途中で昼食と神事を挟んで 4時間くらいも
かかるそうです。
Sクンは(左端でピースをしている子) 今年太鼓をたたく役目をもらって 
友達と一緒に すごく楽しかった!と喜んで戻りました。

朝夕冷えるようになり 毛糸が恋しい季節ですよ。
お地蔵さん (ようちゃんばあば)
2016-10-13 07:05:20
昔はおみこしを担ぐ役目は この地区の男たちだけだ なんて
誇りに思ったりした という話を聞きますが いまは 若い男たちが
集まりません。
歩いては とても広範囲なので無理だし みんなで神社に集まって…も
今更できないでしょうね。
秋ですね (みっく・じゃが)
2016-10-13 10:38:55
女性の神主さんとは初めて聞きました。
こうすると、秋本番ですね。

スヌード、素敵ですね。
温かそうです。

ようちゃん、すっかりお元気になりましたね。
今様 (しまそだち)
2016-10-13 11:35:42
いずれ故郷もこうなるのでしょうね
神主さんも 跡継ぎが、居なくて 大きな本家の神社から 
派遣神主が 来ています

前の神主さんは、親子ともども 人柄も優しい人だったのに・・・

今日この頃、首筋が冷えます
もう襟ぐりの深いセーターは、着られません

みっく・じゃがさん (ようちゃんばあば)
2016-10-13 14:17:57
調べてみると女性の神主さんは 歴史の浅いし人数も少なそうです。
女性は穢れがあるとされていて この世界では 受け入れられない
ところも多いでしょう。
この方は まだ 男性の神主さんに色々指導してもらっている様子でしたが
とてもあたたかい笑顔のかたでした。
しまそだちさん (ようちゃんばあば)
2016-10-13 14:23:56
お寺などでも 住職不在となって 宗派のもとから派遣されてきたり
別のお寺の住職さんが兼務したりするところが増えているそうで
昔とは違ってきましたね。
ずいぶん冷えてきましたね。
毛布を準備しておいて 夜中に引き寄せてかけたら暑くて脱ぎ
朝方にまた冷えて目がさめたりで これは風邪をひかないように
気をつけなくちゃと 思います。
今風 (ひまわり)
2016-10-13 17:32:48
お神輿も軽トラに乗って 何と今風ですね
昔は担いでいたのですね
子供も若い方も少なくなりいた仕方ないのでしょう

素敵な色合いです
優しい編み上がりに見えます
これから活躍しますね
ようちゃんばあばさんへ (銀めばる)
2016-10-13 22:38:56
スヌード
綺麗な色でちよっとした差し色感覚で
多いに活躍しそうですね
当地区もお神輿は軽トラに乗って
練り歩いて?ます
ちよっと前まではラジカセのお囃子でしたが
この頃は太鼓だけ本物です
ひまわりさん (ようちゃんばあば)
2016-10-14 06:58:18
昔は みんながお参りに出かけたものですが いまは
神社のほうから きてくれます。
それなのに でてこないひとも多くなりました。

毛糸もの ちくちくしたり 手入れが面倒だったりして
好まれなくなりましたが 編むほうはたまらなく楽しいです。 
銀めばるさん (ようちゃんばあば)
2016-10-14 07:02:56
明るい色 小物だと抵抗なく身に付けられて 気持ちもしゃんとしますね。
ラジカセのお囃子・・・こちらもそうです。遠くまで聞こえますよね。
笛などは 練習しないと難しいですが 太鼓は小学校でも
4年生で取り組んだりするので 誰でもたたけますから 
練習なしの生演奏です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む