ようちゃんばあば日記

田舎で 4世代8人家族の にぎやかな生活。

お米と野菜をつくり、保存食作り 編みものなどの日常を綴っています。

かりんジャム

2016-12-20 | 果物や野菜のジャム・シロップなど
日曜日は 朝早くからお寺の掃除でした。

山門から 石段~ 広い境内~ 本堂の拭き掃除まで

大勢なので 2時間ほどで済みました。

昔は(先代まで) 住職と奥さんが お寺の仕事として 

毎日 内外の清掃はきちんとされていたので

檀家が地区ごとに 持ちまわりで掃除をするなんて ありませんでしたけどね。

夏の当番の時は 暑くて 草取りもそれは大変ですが

昨日は 少々寒いものの まだ仕事は少ないほうでした。

そして 昨日は お墓掃除でした。

暖かかったので よかったです~~

まだ誰も掃除に来た様子がないので ちょっと気持ちいい!

きょうは 住職さんが 家浄に来てくださるので

ちょっと その勢いで 母屋の掃除を少しやりました。

古い家で 表座敷は普段使うことが少ないので

机と座布団しかなく

はたきをかけて掃除機をかけ

雑巾でささっと 拭けば

それなりに すがすがしい(笑)

台所は お餅つきやおせち料理を作るとき

湯気で緩んだ汚れを 合間に拭く作戦です。



そんなこんなで 今朝 住職が来られるのを待つ間に

白菜の漬物をしたり

かりんジャムも ようやく完成にこぎつけました。

普通のジャムを煮るのは コトコト弱火で・・・ではなくて

焦がさないよう気を付けて 一気に焚き上げるかんじで煮ますが

今回は 最初から最後まで まとまった時間が取れず

台所にいるときには火をつけてちょっとかき混ぜ 

用事が終わったら火を消して

時間の合間を見つけて 煮詰めました。

かりんジャム の作り方
 

 ① 種を取り除いて薄くイチョウ切りにして 
   渋みをとるため 塩水であく抜きをする

 ② ひたひたの水加減で 30~40分間 煮出す。

 ③ 煮汁を漉して 実はとりよける。
   (ここまでは 濁ってはいけないので かき混ぜない)

 ④ ひと回り小さい鍋に移し 煮汁の重さの30%の分量の砂糖を入れる。

 ⑤ 鍋底を焦がさないように かき混ぜながら煮詰める。



ほら こんなにきれい!!

色が赤くなるころに べつの鍋に瓶と蓋を煮沸して待機し

ここと思うとき火を止めたら

瓶詰をして 脱気処理して終了です。

少ないので 小さな瓶に入れて3本できました。

塩水につけて渋抜きをしたので

甘酸っぱくておいしいジャムになりました。

そして 濾して残った実ですが

砂糖を水を少しと砂糖を適当に足して 

もう一度煮詰めて 実のジャムもつくります。

焦がさないように かき混ぜ続けていくと

やっぱり 赤くなります。

でも ちょっと忙しいので とりあえず冷蔵庫に保管中。

試験週間になると 本を読みたくなったりする子供と一緒だなあ。

にほんブログ村のランキングに参加しています。

どれかひとつ ポチッとしてくださるとうれしいです。

 にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへにほんブログ村  にほんブログ村 料理ブログ 保存食へにほんブログ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へにほんブログ 
    
ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 靴下編みと保存食づくり い... | トップ | 赤いスヌード »

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いやはや (みっく・じゃが)
2016-12-20 14:22:51
何と手際のいい!!!
すべてのことに手際がいいのは、忙しいから
時間の使い方に無駄がないんですね。
素晴らしい主婦です!

それにしてもかりんジャムは美しい色ですね。
味もいいんでしょうね。
ようちゃんに師走の忙しさはないですね。
なんでもパッパッパですもの。
美味しそうです。 (TANAKA)
2016-12-20 15:27:19
分かります、その気持ち。
忙しい時ほど、違うことをしたくなります。
不思議なことに時間がたっぷりあると、
逆に何もしなかったり、要するに
気まぐれなのですね。(笑)反省!
かりんジャム (しまそだち)
2016-12-20 16:04:15
あの実から 出来上がる ジャムが 赤ってのが、摩訶不思議
渋を抜く手間も 初めて知りました

さぁ作ってみようかと思うところですが、この近辺で花梨の木は、姿を消しました

田舎のお寺さんは、掃除をご住職が、なさってましたけど
若い代になって 有志の方がしているのでしょうかしら
神社は 跡継ぎが、途絶えたので、神主さんを 本家の神社から
派遣してもらっているので これも
有志が、掃除に行っています
他にお地蔵さん、観音さん、いろんなまつりごとを引き継ぐ人が 居なくなりました
地区の元気なお年寄りが、順番で・・・です
こちらでは (ぐり)
2016-12-20 16:05:27
お寺の付き合いって結構大変だと聞きます
我が家はまだお寺は付き合いがないんですけど話を聞いているととても付き合いきれない
って思います
かりんジャムきれいですね
あのかりんがこんなにきれいな色になるなんて矢張り渋を抜いたから?でしょうか
お疲れぇ( ̄ー ̄)ノ▽”フリフリ (キミコ)
2016-12-20 16:22:43
ヾ(コン・∀・。)人(。・∀・チワ)ノ

さすがようちゃん!手際がいいですね!
それにしても保存食をマメに作られますねえ!
カリンジャムなど私の環境では考えるべくもないので・・・
でもあれば捨てるわけにもいかないし
作るのわかりますよ(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

若い頃なら途中で火を止めて とかそんな考えはなかったですが
今やそれなりにこなせるのは年の功ですね(^ロ^v)ぴぃす
こんなきれいな色に仕上がるんですねえ。:*:・(*´ω`pq゛ポワァン

檀家さんのお勤めもあるのは大変ですね^^; ご苦労様!
でも宗教が根付いているのはいいことだと思いますよ^^
ようちゃんばあばさんへ (まりも)
2016-12-20 18:47:23
お墓のお掃除 お疲れ様でした
ご先祖様も これで新年が迎えられますね
かりんジャム 色が綺麗ですね
白菜も漬けられたのでしょうか
Unknown (keba)
2016-12-20 23:43:50
あのかりんが、どうしてこんなに赤いジャムになるのか
謎じゃ〜
みっく・じゃがさん (ようちゃんばあば)
2016-12-21 07:00:24
忙しい時のほうが充実して働けますが 年とともに
自分のできる容量をオーバーしたとき ストレスに負けるようになりました。
それをうまく流すことを工夫しなければいけないなあと思い
動く仕事と坐る仕事を 組み合わせています。
TANAKAさん (ようちゃんばあば)
2016-12-21 07:03:43
そうなんです。
私の場合 家族のみんなのスケジュールに合わせて動くことが多いので
一番ほしいのは 自分のための時間です。
何も特別用事がなくて一人 という貴重な時間は とことん何もしないか
逆に 自分のために楽しむことを積極的に取り入れるか
自分の体調と気力に合わせています。
しまそだちさん (ようちゃんばあば)
2016-12-21 07:10:48
こんな時にかりんの実が手に入ったので ジャムを作りましたが
もう どこにも売られてないですよね。

最近は お寺や神社も 跡継ぎがいなくて 本部から派遣されてくるケースや
2か所を 行ったり来たり 掛け持ちのところもあります。 
そうなると地元の人との交流も少なく 寂しいものです。

コメントを投稿

果物や野菜のジャム・シロップなど」カテゴリの最新記事