Quelle memoire!

ベルばら時代好きの自己満足ボヤキ日記です。

【インフェルノ】を観たよ

2016年11月07日 | TV&本&映画
【インフェルノ】を観てきたよ~








インフェルノ






【あらすじ】

ダン・ブラウン原作の世界的ヒット作「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続き、
トム・ハンクスが三度、ハーバード大学教授の ロバート・ラングドンに扮したシリーズ第3弾。

ハーバード大学の宗教象徴学者ラングドン教授は、数日分の記憶を失った状態で、
フィレンツェの病院で目を覚ます。
謎の襲撃者に狙われたラングドンは、美しい女医シエナ・ブルックスに助けられて病院を脱出。
何者かから追われる身となったラングドンとシエナは、
生物学者ゾブリストが人類増加問題の解決策として恐ろしい伝染病を世界に広めようとしていることを知る。
そしてゾブリストが詩人ダンテの叙事詩「神曲」の「地獄篇」になぞらえて計画を実行していることに気づき、
阻止するべく奔走するが……





ラングドン教授シリーズは、前作2本とも観てるので、


今回も楽しみにしてました。



でもね~~~


今回はちょっとイマイチだった気がする。


ありがちだけど、原作との差が。。


教授シリーズの中では、1番面白くなかったかも。



幻覚のシーンは良かったけどね~



ダンテの事をあまり知らないから、気持ちが入らなかったのかも。。



イタリア好きの人なら映像は楽しめると思いまちよ




上映前に流してた予告が気になったわ~


ミュージアム







邦画はあまり観ないけど、猟奇殺人がテーマなので面白そう~~




猟奇的といえば。。セブンは面白かった~~





ブラピ。。若いわ




今、読んでる本



三島由紀夫の戯曲2作品です。


日本でサド侯爵を扱ってる作家といえば。。澁澤龍彦を思い出すわ。


彼の本は何冊か持ってたなぁ。



ちなみに。。サド侯爵が書いた小説も何冊か読んだけど、


型っ苦しいし、長ったらしいので、途中で飽きてしまい、


すっとばし読みをした記憶が




本日のハラヘリ



黒こっぺ~~ 大好きなので、たまに食べてしまう~~




ママンの本棚に並ぶ本のセンス。。同じ変人仲間にしか理解されないと思いまち






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誕生日強化月間 その3 (... | トップ | 誕生日強化月間 その4 (... »
最近の画像もっと見る

TV&本&映画」カテゴリの最新記事