トレインタッチ

徒然なる言葉のストーリーです 

友達にさえもなれずに二駅の

2016年10月16日 22時22分56秒 | 日記



               友達にさえもなれずに二駅の
                  一人階段 秋の道草










               その想い背中にしょって電車恋
                  たった二駅 恋の道草











 こうして二つの詩を並べて見れば
 短い間でも 二人の間には
 劇的に変化した時間があったのが
 わかると思う

 僕にとっては つらい日々が続いても
 また逢えると信じて


 しばらく休筆してみたいと思います



 いつもの時間 同じドア
 一人の階段 変わらぬ空気
 しばらくは一人で
 歩いて行こうと思います


 また 逢いましょう



           初恋亭夢中

 

 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SawanoHiroyuki[nZk]:Mizuki ... | トップ | 逢えない日心がキュンと泣い... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む