かるろす工房

趣味の「作り物」関係を中心に(?)いろいろ書いてます。昔から運動が苦手でしたが、何故かマラソンにはまり走ってます。

親子で出来る、ちょー簡単「巻物の作り方」

2011-05-04 23:02:26 | 作り物
相変わらず「巻物」「作り方」での検索が多いし、明日は子供の日でもあるので
子供でも簡単に出来る巻物の作り方を考えてみました。



材料はエコを意識してほとんど廃物利用です。

・マーブルチョコレートの紙管(何十年振りかで買った)
・太めのストロー(写真はスタバのやつ)
・カレンダーの紙
・平たいヒモ50cmぐらい(菓子箱を結んでるやつとか細めのリボンとか)
・折り紙(気に入ったデザインの包装紙とか)
・セロテープ、両面テープ、のり



まず、カレンダーの紙を12cm幅に切ります。



一方の端に表紙となる折り紙を糊で貼り付けます。
糊はシワになりにくい固形のスティック糊を使った方が良いです。(写真のは100均のやつ)



貼り付けたら、裏返してカレンダー紙の縁から5mm残して切り取ります。(そのままでもいいけど)



5mm残した部分を折って、カレンダー紙に糊で貼ります。



カレンダー紙の反対側の端を1cm程折り返します。



巻き癖をつける為、折り返した部分を芯にして一度全部巻きます。(両端をきちんと揃えながら巻きます)



ストローをマーブルチョコレートの紙管と同じ長さに切りそろえます。(14cm)



ストローの真ん中を平ヒモで挟むようにしてセロテープで貼り付けます。(平ヒモの長さが1/3と2/3位の位置で)



色紙を貼った方の端を1cm程折り返します。



端から両面テープ(1cm幅)を4列貼り付けます。(写真では3列になってますが)



さっき折った部分を立てて、そこの両面テープだけ剥離紙をはがし、ストローを貼り付けます。
(ストローの両端が1cmずつ出る位置に)



残りの両面テープの剥離紙を全てはがし、端から転がしてストローに巻き付けます。



今度は反対端をマーブルチョコレートの紙管にセロテープで貼り付けます。
この時、キャップの部分には貼り付けないようにします。



貼り付け位置は端から1cmの所で、包装紙の重なり線に沿って真っ直ぐ貼ります。



貼り付けた端の部分に両面テープを貼りつけ、剥離紙をはがします。



で、そのまま真っ直ぐ巻いていきます。(巻紙の端が揃うように。特に両面テープが付くまでの最初が肝心)



全部巻き終わるとこんな感じ。



平ヒモの上になった方を巻物に2回巻き付けます。(写真の左方向に)



蝶々結びにします。(他の結ぶ方でもOK)



平ヒモの余った部分を切り取ります。



巻物の題名を書いた紙を貼り付ければ出来上がり。



ちなみにキャップは取り外せるので中に何か入れても良いですね。



どうです、簡単でしょ!

お子さんがいらっしゃる方は一緒に作ってみてはいかがですか?












『手芸』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画観てきた | トップ | 5月4日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かりん)
2011-10-15 00:56:14
素晴らしい!!
そして丁寧で分かりやすい!!
尚且つ出来上がりは本物みたい!!

参考にさせて頂きます。
かりんさんへ (かるろす)
2011-10-15 01:35:24
コメントありがとうございます!

参考になれば、嬉しいです
楽しんで作って下さいね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。