*************************************************************************

限りある時間です。

特に国会は会期が決められています。

如何に有効に時間を使うか、

そして国民の安全や利益に繋がるかどうかを考えて議論します。

それが普通です。

 

雑音に惑わされず、時間を有効に使う事を考えます。

サラリーマンでも、主婦でも、経営者でも、多くの社会人は優先順位を付けて仕事をします。

 

日本は法治国家です。

法律に基づいて様々な事を考え、まずは違法なことから是正しようと考えます。

そこが韓国と違うところです。

感情に基づいて優先順位は決めませんし、

感情次第であっちに行ったりこっちに行ったりしません。

 

今国会は森友に続き、加計学園問題に多くの時間を費やしました。

特に野党4党は中々支持率が上がらない為か、安倍叩きに精を出しました。

そして安倍政権の支持率が落ちれば、自分たちの支持率が上がる、と勘違いしていました。

これには民進党応援団のマスコミも協力し、情報番組、ワイドショー等でゴシップネタばかりでウンザリ。

 

話を元に戻すと、優先順位を付ければ違法性の無いものは後回しにして当然です。

民進党らは気に入らなければ、審議拒否という我が儘による職場放棄で

どれだけ時間が無駄になった事でしょう。

国民の知りたいことを質問せず、現実離れした質問で

大臣を困らせる為としか思えないような愚問の数々。

そして会期末を迎えたら、この言い草です。