気になる事  blueのためいき

日々気になる事を記します。共感してくださる方もそうでない方もちょっと立ち止まって考えて頂ければと思います。

国会5/11 神回 和田政宗 逆教育勅語が面白すぎwww

2017-05-13 00:15:22 | 動画

国会5/11 神回 和田政宗 逆教育勅語が面白すぎwww

参議院内閣委員会で和田政宗議員が質問されました。

常日頃NHKニュースやワイドショーでの報道姿勢は左系主張に偏っていると感じますが

和田議員はこれらテレビがあまり報道したがらない問題、避けたい問題5点質問しています。

①沖縄の基地反対運動について

 逮捕者は3月に過去2年で32件41人だったがその後3件3人増えた。

 その内訳は44人中4人が韓国籍、11人が沖縄県外者。

旭日旗について

 韓国で行われたサッカー・アジア・チャンピオンズリーグの旭日旗問題

 アジア・サッカー連盟が「差別的」と処分を下した。

 政府は旭日旗は差別的でないという認識

北朝鮮危機への対応

 「国民保護ポータルサイト」の一層の周知を。

 地方自治体が住民対応の担い手になることを周知して欲しい

朝鮮半島有事の際、併せてテロ発生が懸念される。

 神社や仏閣へ油をまく行為は、テロの第一段階の懸念がある。

教育勅語。

 危険な思想と非難する人がいる。

 教育勅語をひっくり返すとどうなるか。倉山満さんの「逆・教育勅語」を紹介。

 教育勅語は憲法や教育基本法に反しなければ、学校教育現場で使って差し支えない


和田政宗さんはあの売国奴、反日思想の故岡崎トミ子を破って当選した議員です。

みんなの党→次世代の党→日本のこころを大切にする党→無所属

と政党を渡り歩いた印象があるかもわかりませんが

解党、党名変更での所属政党変更ですから、民主党、民進党の政党ロンダリングと訳が違います。

ただ日本のこころからの離党はご自分の意志です。

次世代の党からの党名変更には納得していなかった節もありますし

日本のこころから離党したのも和田氏の信念、思うところがあったのでしょう。

結果として無所属になり、自民党会派に入り良かったと思います。

何しろ国会で発言の機会がなければ自分の意見を主張も出来ませんから。

またネットテレビ出演もしていますが今の時代、ネット利用は必要不可欠かもしれません。

多くの人に自分の意見を知ってもらうには便利ですし、

何と言っても捻じ曲げて報道される心配もありませんから。

私は和田議員にはもっと頑張ってもらいたい、日本の為、

そしてもっと日本を良くする為に活躍して頂きたいです。

 

 

 

ご訪問ありがとうございます。クリックして応援お願いします。  

    にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ  にほんブログ村 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #18報道特注【百田尚樹SP①】T... | トップ | 国連委員会が慰安婦日韓合意... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
期待の星✰ (御深井)
2017-05-13 13:28:07
こんにちは

昨日、動画を視聴しておりましたので、いろんな意味でGJでした。
動画の委員会席では、隣に有村治子氏、片方は小野田紀美氏(国籍問題解消)でしたが、
お二人のよい表情も時折映り、いい空気感でした。

教育勅語のところでは、“倉山氏”の名を出し、ネット配信を十分配慮した事と思い、思わずニヤリでした。

国会議員は何と言っても、発言の場の確保 が大事であり、先般、お亡くなりになって大変残念だった
元衆議議員 三宅 博氏もそういう方でした。
和田氏とも日本のこころでもご一緒でしたが、ご冥福をお祈りしたいと思います。

和田氏の明快な政治的スタンスばかりでなく、発信力の長けている事にも、多くを期待したいです。
自民党内での同志や、党派を超え法案提出可能な人脈にも期待があります。

誠実な印象 (blue)
2017-05-13 16:11:17
御深井さん、こんにちは。
和田議員は誠実な印象ですね。
元アナウンサーだけあって、言葉がハッキリとして聞き取り易いし内容も分かり易いです。
と同時に元NHKアナとは信じられないくらい愛国的な主張で、もっと発言の場が増えて欲しいです。
地上波ではあまりお目にかかる事も少ないですが、注目されるべき人物だと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。