同会議は21日に予定する最終提言に先立ち、13日の会合で概要をとりまとめる予定だ。

 この日は、退位後の呼称や敬称などに関する3月22日の専門家ヒアリングを踏まえ、有識者会議メンバーが意見交換した。メンバーの山内昌之・東大名誉教授は会合終了後、退位後の天皇陛下の呼称について、「上皇という方向で調整される」と記者団に語った。

 会合後に記者会見した御厨みくりや貴・座長代理によると、皇后さまの呼称については議論はしたものの、意見は集約しなかったという。政府は「上皇后じょうこうごう」とする方向で調整している。

***************************************************************************************

天皇陛下は高齢の為、今まで通りの仕事が出来ないからと退位したいと述べられた。

この退位の言い方が悪いから、譲位のすべきとの意見もあるが・・・。

で、退位後の呼称は歴史的にみれば「太上皇」と呼ばれ、略して「上皇」と呼ばれていたらしい。

今上陛下は「上皇」となる方向のようだが、正式には「太上皇」で略して「上皇」なのか

正式も「上皇」なのか・・・よくわからない。

 

皇后陛下は「上皇后」にする方向だそうだが、まるで「皇后」の上位の方との印象が強い。

読売新聞によれば「皇太后という呼称が戦後「Empress Dowager(未亡人)」と英訳された為、

「崩御した天皇の」と、誤解を受ける可能性があるから「皇太后」の呼称は否定的だった。

でも元々は「皇太后」は未亡人との意味はなかったみたいだから、皇太后でもいいと思うけど。


昨年8月の突然NHKで退位表明の放送。

あれ以来、政府を巻き込んだ議論が続いている。

こうなる事は予想できたのに、宮内庁やNHKはあれで良かったと思っているのだろうか。

これこそ天皇の政治への圧力じゃないが、関与に当たると思う。

そして最近話題の「忖度」、究極の忖度ではないだろうか。

多分天皇陛下はこうされたいのだろう。

お住まいはこうされたいのだろう。

退位後はこうされたいのだろう・・・・・。等々、誰もはっきり聞かない、聞けない。

憲法や皇室典範に触れる事にもなりそうな事案、

皇室に関して戦後最大の事件、大事件になる生前退位。

 

なぜ、憲法改正、皇室典範改正に繋がると進言しなかったのだろう。

と思ったが、天皇陛下が相手なら軽々と言えないだろう。

しかし、憲法にも抵触すると、お立場上政治への関与に当たるからと、進言して欲しかった。

 

とは言っても、やはり無理だったんだろうね。

究極の「忖度」をしないといけないのだから。

 

高齢だから象徴としての務めが出来ないとの理由なら、

静かにお過ごしして頂きたい。

皇居の外に出られても、それ以上の事は無いと思いたい。

まさかまさかの韓国謝罪旅行などしないと信じたい。

 

天皇と上皇と、皇后と皇太后(上皇后?)との二重権力にならないと信じたい。

 

そして実質、次代は皇后不在の皇室となってもいいと、私達は覚悟を決めなくてはならない。

そんな異常事態が待っている事を。

 

 

 

ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。 

    にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ