岸田文雄外相は11日の閣議後の記者会見で、ロシアとの北方領土交渉に関し、「立場の隔たりがある中での交渉で、幅広いオプションを議論していく」と述べた。岸信夫外務副大臣が北方四島のうち歯舞群島と色丹島の先行返還も排除しない考えを示した、との一部報道に関する質問に答えたもので、2島先行に含みを持たせた形だ。

 岸氏は日本テレビのインタビューで「2島先行返還も選択肢か」と問われたのに対し、「できるだけ広いオプションの中で解決策を見いだしていく」などと語った。これについて外相は「当然のことを発言した」との認識を示した。 

***************************************************************************

日ロ首脳会談が年末に開かれます。

安倍総理の地元山口で。

 

初めてこの話を聞いた時、北方領土返還に弾み?

もしかして・・・・。

 

もしかしてと思っても、全島返還になるとは殆どの人は思っていないでしょう。

なんだか、ロシアの粘り勝ちってところでしょうか。

 

うまくいけば、面積で半分返還かも、と思ったりしましたが、

それも無理っぽいですね。

 

最近のロシア側の話とか閣僚の話、マスコミの話から判断すると

経済協力はするけど、一番小さい色丹島と米粒みたいな群島の歯舞諸島だけが返還される、

そんな感じになっています。

 

残りの国後と択捉は棚上げ状態、うまくいけば帰属権は日本にする。

そんな感じです。

 

外務省のHPを見ても

北方四島の我が国への帰属が確認されるのであれば、

実際の返還の時期、態様については柔軟に対応する考えです。

 

「実際の返還の時期、対応については柔軟に」???

いつの間に?

もしかしてずっと前から?

 

かなりロシアに譲歩していますね。

これだと国後と択捉は永久に戻って来ないでしょう。

 

言いたくないけど、共産党がずっと前から

「千島列島すべてと南樺太が日本の領土」との主張が交渉術としては真面です。

 

外交交渉ってお互い譲歩し合って成立すると、青山繁晴氏も言っていました。

だから最初から4島返還を要求していたら、結局は2島返還になってしまうと。

 

最初から「とりあえず?2島返還で後の2島の返還はいつでもいいよ」

なんて言っていたら、永久に択捉と国後は戻ってこないでしょう。 

 「北方領土」の画像検索結果

   現在、日ロで合意できそうなのは歯舞群島と色丹島。

   国後島と択捉島と比べたら、どれだけ小さいのかよくわかります。

 

12月15日に日ロ首脳会談が山口県長門市で開かれます。

その会談で北方領土の帰属や返還について話し合い、何らかの合意があるとみられています。

そしてその勢いで衆議院解散、総選挙ではとの話もあります。

 

それは日ロ首脳会談の内容が国民に歓迎され、納得できるとの見方だと思います。

でも、歯舞群島、色丹島返還で納得できますか?

ロシアにとっては「勝ち」ですが、日本にとっては完全な「負け」です。

 

そんな内容で衆院選をしたら自民党は、まさかの「負け」になる可能性もあります。

そう考えると、日本の外交って本当に駄目だなあって思ってしまいます。

北方領土返還については残念ながら希望は持てません。

 

※北海道のHPにも詳細が。 ↓

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/hrn/hoppouryoudo_history.htm


北方領土には関係ありませんが、安倍首相の後任に岸田外相を、という声があります。

記者会見を見ていてもぶら下がりを見ても、岸田さんの答え方どうも気に入りません。

何というか、当たり前の事しか言わない、用意した文章を読むだけ、

当たり障りのない返事しかしない。

安倍さんの後継者としては器が小さ過ぎ。

 

軍艦島の世界遺産登録や慰安婦日韓合意で韓国に騙されたという印象が強いです。

ですから、私は岸田さんを支持できません。

が・・・、じゃあ誰が適任者?

と聞かれたら、今のところ、う~ん・・・・ですね。



 

ご訪問ありがとうございます。クリックして応援お願いします。  

 

      にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ  にほんブログ村