天皇陛下の退位をめぐる法整備について、自民党は、13日、「将来にわたる退位の要件を定めるのは困難だ」などとして、一代限りの退位を可能とする特別法の制定が望ましいとすることで、党の意見を取りまとめる方針です。

******************************************************************************

天皇退位については一代限りの特別法制定で決まりそうな気配ですが

民進党などが反対しているようです。

 

なかでも野田幹事長が皇室典範改正を主張し、

そして女性宮家、女系天皇を実現しようと画策しているとか。 

これは青山繁晴氏が虎ノ門ニュースで先日暴露?していました。

 

そんな野田幹事長の動きが昨日のYahooニュースにありました。

といっても週刊誌記事ですが・・・。

皇室典範改正 野田佳彦氏が関わる背景と韓国ファクター

 山口敬之さんの記事ですが、信用できるか否か・・・。

元※TBSテレビ報道局ワシントン支局長でベトナム戦争時の韓国慰安婦のスクープ記事を書いて会社を辞めた方。

最近よくテレビにも出ています。 ※毎日新聞記者ではありませんでした。訂正します。

 

詳しくは元記事で。

 

退位もそうですが、次期天皇皇后が務めを果たせるかが心配です。

雅子さまも相変わらず、我が儘と取れる「寒いから」が理由の公務欠席も。

それなら欠かさず行っているスキー旅行も取り止めて頂きたいです。

 

世界中から尊敬される天皇皇后両陛下になるのは無理そうです。

次期天皇皇后陛下が皇室廃退に繋がる事だけは避けねばなりません。

即位後に何らかの理由で直ぐ退位となり、秋篠宮殿下が即位すればいいのに、

と思っている人も増えている気がします。

いずれにしても日本の恥にならないようにして頂きたいものです。

 

 

ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。

    にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ