気になる事  blueのためいき

日々気になる事を記します。共感してくださる方もそうでない方もちょっと立ち止まって考えて頂ければと思います。

何でもケチをつける蓮舫

2016-12-28 16:03:38 | 民進党

「不戦の誓いと言いながら、安保法?」 蓮舫氏

 

■蓮舫・民進党代表

 安倍(晋三)総理がパールハーバーを訪れた。歴史的に大きな、和解の誓いというメッセージを発した。オバマ大統領とそろって真珠湾で不戦の誓いを語られたことは、大変大きな意義があると思っている。

 他方で、引っかかっていることがある。不戦の誓いと言いながら、なぜ憲法解釈を変えて安保法制に突き進んだのか。来年度予算案を見ても、5年連続で防衛費は増えている。

 いま、世界で最も必要としているのは国際協調、平和への道を、日本が中心となって進めていくことではないか。民進党は平和という基軸にしっかりと足を踏みしめ、国際平和をつくりあげていきたいと、この真珠湾のオバマ大統領、安倍総理のそれぞれのメッセージを見ながら考えた。(党仕事納めで)

****************************************************************************

蓮舫さんって本当に日本人なんですか?

蓮舫さんって中国人ではないのですか?

 

蓮舫代表の発言を聞いているといつもそう思ってしまいますね。

不戦の誓いってどういう事なんですか?って蓮舫に聞きたいです。

戦争をしません、と言っても世界中の国がそう言っている訳ではなく。。。

戦争しません、と言っても侵略してくる国がいる訳で・・・・。

近くに蓮舫の祖国である中国があるんですが・・・。(台湾籍ですが心は中国では?)

 

で「戦争しません」という事は「戦争を仕掛けてくる国がいない」事が条件です。

その為には相手国の攻撃する気持ちを削がねばなりません。

「攻撃したら反撃されて、かえって自分の国が危ない」 そう思わさなければならないのです。

ま、抑止力とも言いますが・・・・・。

 

現行憲法では不完全だからその為の憲法解釈変更があり

その先に憲法改正があるのです。

 

また軍事費を増やしてでもこの国を護らねばなりません。

その為の防衛費増額なのです。

 

ま、こんな事を一地方の主婦が言わなくても政治家なら十分知っているでしょう。

それでも蓮舫がこんなことを言うって事は、あなたの国籍はどこなの?

もしかして中国?

まさかと思うけど、中国共産党の工作員?

 

そういつも思ってしまうのです。

岡田民主党も酷かったけど、蓮舫民進党はそれ以上です。

政権執って以降、民主党、民進党はドンドン劣化している気がします。

政権交代前が一番良かったです。

と言っても政権交代でボロが出ただけかもしれませんが。

 

ま、日本の為に民進党は解体して欲しいです。

目障りです。特に蓮舫が目障りで仕方がないです。

 

 

 

ご訪問ありがとうございます。クリックして応援お願いします。  

  にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ  にほんブログ村

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍首相の真珠湾での演説全文 | トップ | 本年も拙文をお読みくださり... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
民進は民進でした (御深井)
2016-12-28 18:59:47
ほんとうに、噛み合わない事ばかりでと思いつつ、もう、放置でいいくらいですが、
法に抵触する事には、それなりの処遇をするべきです。

最後の最後まで、っていう感じです。

スレチになりますが、
27日読売にでていましたが、元秘書がガソリン代不正請求…民進・山尾氏謝罪

わかり切った事を年末の総理真珠湾訪問時で、姑息に
もお詫び記事にして、
幕引きをして、この先無かった事にするかのような事です。
蓮舫氏もこの手でしょうか?と・・・・・・・。
民進党 (blue)
2017-01-05 09:55:24
御深井さん、コメントありがとうございます。

民進党はもう終わっていると感じますが、まだ支持する人がいるんですよね。
民主党政権でどれだけ国益を損なったのか、まだ分からない人も多いようです。
マスコミも反省が足りません。

そんな中ビートたけしが蓮舫について素晴らしい?発言をしています。
ご存じだと思いますが、多くの方が目を覚ますことを期待します。
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/633970/

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

民進党」カテゴリの最新記事