海上保安庁は18日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に同日侵入した中国海警局の船4隻を監視中、小型無人機「ドローン」が飛行しているのを確認したと明らかにした。尖閣周辺でドローン飛行が確認されたのは初めてで、海保は中国側が飛ばしたとみている。

 海保によると、過去に中国側が尖閣周辺でドローンを飛ばして測量したとの情報があり、今回の狙いについても分析を進める。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、4隻は18日午前10時10分ごろから領海内に相次いで侵入。巡視船が監視していたところ、同50分過ぎから約5分間、魚釣島から約14キロの領海内で、1隻の船首付近でドローンのような物体が飛んでいるのを確認した。

 4隻は約1時間50分航行して領海外側の接続水域に出た。1隻は機関砲のようなものを搭載していたという。

***************************************************************************************

尖閣諸島近海に今日18日に中国公船が領海侵入しました。

これは5月8日以来で、今年13回目です。

領海侵入は大体月に3回ほどですが、それ以外に接続水域には連日入域してきています。 

直近では4月29日から5月15日まで連続17日間4隻が(30日だけは7隻)入域しています。

http://www.kaiho.mlit.go.jp/mission/senkaku/data_h29_04.pdf

http://www.kaiho.mlit.go.jp/mission/senkaku/data_h29_05.pdf

16日は補給の為母港に戻ったのか、出没せず(17日は不明)

そして今日の4隻の領海侵入です。

 

尖閣諸島は歴史的にも国際法上も我が国の固有の領土であり、有効支配していると日本政府は主張しています。

ですが、日本は尖閣諸島を日本の領土としての管理をしていますか?

日本の領土なら、なぜ周辺で石垣市の漁船を自由に操業させないのでしょう。

中国公船とトラブルになるのを避ける為か、日本漁船までも近寄る事を拒否しています。

また、日本領土なら湾港整備や灯台、施設を設置すべきですが、それもしていません。

いわば「ほったらかし状態」です。

日本領土との証拠があり、国際的にもそれを証明できるのに、なぜ中国に遠慮するような態度なのでしょう。

 

こういう事を長年続けると、その内日本領だと誰も思わなくなってしまいます。

もしも中国が中国領だと主張した時、きっぱり反論出来ますか?

中国が

「日本領土なら、なぜ日本人が住んでいないのだ、なぜ日本の建造物がないのか、

 なぜ日本人が上陸するのを禁止するのか」そう主張してきたら反論できますか?

それ以上に中国民兵などが上陸したら、どうするのでしょう。

力で排除しますか? 

中国人が武器を使用したら、当然反撃するでしょうが、その時誰も犠牲者が出ないと保障できますか?

 

これ以上我慢比べをしていたら、その内何らかの突発的な事象が生じそうです。

また朝鮮有事で手薄になった時を狙って上陸するかもわかりません。

それだけ中国人は卑怯なのは歴史が証明しています。

それに中国は民主主義国家ではありません。

理屈で通る国ではないのです。

 

あとから地団太踏んで悔しがっても遅いのです。

竹島の二の舞になる事だけは避けるべきです。

北方領土の様になるのは避けるべきです。

同じような事でまたもや尖閣も盗られたら、それこそ日本は国際社会から冷笑されるでしょう。

尖閣諸島は日本の領土なのですから、毅然とした態度を取り、しっかりこの日本領を守り抜いてもらいたいです。

 

 

ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。

    にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ