気になる事  blueのためいき

日々気になる事を記します。共感してくださる方もそうでない方もちょっと立ち止まって考えて頂ければと思います。

韓国済州島、日本総領事館前で「水曜集会」開始

2017-04-05 22:39:04 | 韓国

韓国・済州でも「水曜集会」開始 慰安婦問題の解決求め

 

「韓国・済州でも「水曜集会」開始 慰安婦問題の解決求め」の画像検索結果

在済州日本総領事館付近で行われた水曜集会=5日、済州(聯合ニュース)

(聯合ニュース)

【済州聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦問題の解決を求め、ソウルの日本大使館前で毎週水曜日に開かれている「水曜集会」が5日、韓国南部の済州島でも始まった。

 集会は同島内にある日本総領事館付近で行われ、市民団体メンバー約10人が参加した。

 メンバーらは「韓国と日本政府は慰安婦関連の韓日合意によって最終的かつ不可逆的に全ての問題が解決されたとごまかしている」と指摘。「合意により慰安婦問題が解決されたと日本の歴史教科書に記述され、生徒に日本政府の責任がなくなったかのように教育しようとするなど、謝罪と賠償なく、歴史から戦争犯罪を消そうとしている」と批判した。
 同団体は慰安婦被害者が求めているよう、日本政府の真摯(しんし)な謝罪と責任のある賠償が行われるまで、水曜集会を続けることにした。
 ソウルの日本大使館前で1992年に始まった水曜集会は25年が過ぎた今も毎週行われている。
*************************************************************************************

韓国には日本の大使館がソウルにあり、
 
総領事館が釜山と済州島にあります。
 
 
今韓国との大きな外交問題になっているのは慰安婦問題ですが
 
一昨年末には最終的決着をつける為に日韓合意を結びました。
 
合意事項の柱になっているのは国際社会でお互い非難するのは止める事、
 
そして日本は10億円拠出、韓国は大使館前の慰安婦像撤去です。
 
ところが日本は約束通り10億円拠出していますが、
 
韓国はソウルの日本大使館前の慰安婦像を撤去していません。
 
それどころか釜山の総領事館前に慰安婦像を設置し、それが理由で日本は大使と総領事を帰国させました。
 
 
ところが、釜山の総領事館前の慰安婦像が撤去されていないにも関わらず
 
大使らを今日帰任させてしまいました。
 
その理由として韓国大統領選前に帰任させ、よい関係を築きたいとの理由(はあ?って感じですが)と
 
朝鮮半島有事に備えてらしいです。
 
しかし大使らの帰国の理由になった慰安婦像撤去がされていないのに帰任させるのは愚かな事です。
 
韓国は「日本が折れた」「日本の判断は間違いだった」と思ったに違いありませんし、
 
日本公館前で日本を非難する事、侮辱する事は国際法違反だとは全く理解していない様子。
 
(知っていても無視しているのかも)
 
更には大使らの帰任翌日に、済州島の日本総領事館前で水曜集会を始めたとか。
 
もしかしたらこれを切っ掛けに釜山に続き、済州島の総領事館前にも慰安婦像を設置するのではないでしょうか。
 
 
日韓合意は失敗だったし、大使らの帰任も失敗だったのでは、と思ってしまいます。
 
少しでも大使らの帰任が意味あるものにする為にも、在韓日本人たちに出来るだけ帰国を勧め、
 
その手続きを急いでもらいたいです。
 
 
朝鮮半島有事が近いかどうかの判断は、やはり米軍の動きに注視する事でしょう。
 
そのひとつは、米軍兵士の家族の脱出が目安です。
 
一番情報が早いのは米軍ですから、その家族が帰国するようなら朝鮮半島のXデーは近いと考えるべきではないでしょうか。
 
 
※今年1月に沖縄への避難訓練がされていました。 ↓ 

在韓米軍、沖縄へ家族脱出の避難訓練 北朝鮮の侵攻に備え

 
 
平和ボケの日本人。
 
戦争など起こらないと思い込んでいる日本人。
 
「後悔先に立たず」です。
 
時既に遅しでは、悔やんでも悔やみきれません。
 
如何に日本は地理的に危険だという事、そしてそれにもかかわらず、
 
法律的にも考え方にも備えが全くできていない事をそろそろ自覚した方が良さそうです。
 
 
 
ご訪問ありがとうございます。クリックして応援お願いします。

    にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ  にほんブログ村 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 譲位後の天皇は上皇、皇后陛... | トップ | せっかく帰任したのに、長嶺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

韓国」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。