団塊シニアのひとりごと

定年退職して7年目の団塊世代です、定年後の生活で
日々感じたことを伝えたいと思ってます。

人間が生まれて死ぬまで知り合いになる数

2017-06-30 15:27:22 | 人間関係

人間は生まれて死ぬまでの間にどのくらいの数の人々と知り合い

になるものだろうか?両親、きょうだい、親戚、近所の人たち、

幼稚園、小学校、中学校、知り合いはどんどん増加していく、同

じクラスにいてもほとんど口をきいたこともない人間もいる、そ

してこんな感じで知り合った学校関係の友人とは一部を除いて卒

業後ぷっつりと音信が途絶えてしまうものだ。

 

 

青春時代は学校を超えた友人も出来てくる、大学時代は特にそう

だ、若い時代はやたら友人が増えていく、就職すると同期入社の

仲間、組織のなかの上司、先輩、取引先、同業者と人間関係もつ

ぎつぎ作られていく。

 

そう考えると人間が一生で知り合いになる人の数は数千人という

規模になるだろう、職種によっては数万人の人もいるだろう、こ

の人と人の偶然のかかわりこそ「縁」なのかもしれない。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひとり暮らしの母の悩み | トップ | 他人にはわかりにくい痛みの程度 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL