団塊シニアのひとりごと

定年退職して7年目の団塊世代です、定年後の生活で
日々感じたことを伝えたいと思ってます。

地方税国民保険料7267億円徴収できず放棄!

2017-07-13 06:03:04 | 税金

読売新聞の朝刊に以前とんでもないニュースが掲載された、その

中味とは「地方税や国保料約7267億円徴収できず放棄」、全

国の自治体が2014年度 までの過去5年間で約7267億円の

地方税や国民保険料などを徴収できないまま時効を迎えるなどして

不能欠損処分としていたことが読売新聞の調査でわかったものだ。

 

不納欠損処分とは自治体が債権放棄する会計処理で税金の場合、納

付義務の翌日から5年を過ぎれば時効になり納付義務はない、ちな

みに国民保険料の時効は2年である)、ちなみに東京都の未収金額

は786億円である、現在生活保護受給者は216万人いるが、生

活保護受給者であれば最初から地方税、国民保険料は免除という恩

典があるわけだが、それ以外の人で年間1400億円の地方税、国

民保険料を払わない人がいるのは驚きである。

 

当然この記事を見た人の反発の声は挙がっている、「真面目に払って

る人と比べ不公平、ぺナルティはないのか」「納税は国民の義務、努

力目標ではない」「払わない人が多すぎる」「逃げ得を許して増税す

るのはおかしい、取り立てをしっかりしてほしい」「自治体、国税庁、

財務省、厚労省は何をしてるのか」とすべて怒りの声である。

 

この記事のなかで背景には滞納者とのいざこざを避けるため意図的に

捜索をしないことや担当の職員不足が指摘されている、それにしても

この数字は新国立競技場の予算の5倍である、未払いで時効があるな

んて誰が考えてもおかしい、国として国民の負担が増える消費増税の

前にこの問題を解消するべきだと思う。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 定年後の生活に思うこと | トップ | 69歳これから大切だと思うこと »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL