団塊シニアのひとりごと

定年退職して7年目の団塊世代です、定年後の生活で
日々感じたことを伝えたいと思ってます。

人間にとって幸せとは

2017-04-19 06:34:29 | 幸福

幸せの多くはふだん当たり前だと感じていることの中に存在する、

幸せとは心身ともに心地のい状態、体の調子がよければ気分がい

いし、悪ければ気分がふさぐ、幸せとはそんな程度のもの。

 

日々の小さなこと、そして幸せなんて自分の考え方次第、自分の

心のありよう、人は幸せのなかにあっても気がつかないのでは、

これがなければ幸せになれないという思いこみ、必ず次の欲望が

でてくる、際限がない。

 

また自分が幸せと思っていても他人を意識し、他人と比較すること

から、自分はまだ幸せではないと思ったりする、金持ちになれば幸

せになれる、という人もいるが生活はお金で買うことができる反面、

幸せはお金がすべてではない。

 

人からうらやむような生活をしても心が幸せとは限らない、逆に人か

ら見て、不幸に見える生活をしていてもその人が幸せだと思ってるケ

ースがある。

 

私の場合好きなアーティストの曲を聴いてると胸がじんとなることがあ

る、一瞬の陶酔感といったものが人を生かしていく力になる、それこそ

が、ささやかな幸福感である、やはり幸せなんて自分の考え方、自分の

心のありようだと思っている。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 物の貸し借りと人間関係 | トップ | サラリーマン人生40年 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL