団塊シニアのひとりごと

定年退職して7年目の団塊世代です、定年後の生活で
日々感じたことを伝えたいと思ってます。

夫婦でも言わなきゃ気持ちは伝わらない

2017-05-11 06:16:23 | 夫婦

夫婦は空気なようなもの常にそばにいて当たり前、ある日突然

いなくなったら、そんなこと普段は考えない、老後配偶者を失

った人の話を聞くと当たり前のことだが留守でいないのと亡く

なっていないのでは全く違う、生きてる時にもっと感謝の心を

伝えればよかったと後悔することがあるという。

 

現役時代妻が料理、掃除、洗濯、子育てするのが当たり前だと

思っていた、でも定年後は夫婦で一緒にいる時間が多い、同じ

生活パターンだと妻のストレスが多くなるのは当然の気がする、

そこで私自身定年後心がけているのは家事の分担である、その

なかで夕食の準備を現在1週間の交替制にしたことが妻の負担

をいくらかでも軽減したと思っている。

 

そして一番はなんといっても感謝の気持ち「ありがとう」「ご

くろうさん」の言葉をお互い言うことである、夫婦だから言わ

なくてもわかるというのは違うと思う、言わなきゃわからない

し、気持ちは伝わらない、小さな感謝が夫婦関係を和らげるこ

とは確かである。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 介護危機あなたの老後を守るには | トップ | ゾウの「はな子」の生涯 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL