団塊シニアのひとりごと

定年退職して7年目の団塊世代です、定年後の生活で
日々感じたことを伝えたいと思ってます。

老いと死を考える

2017-02-09 06:41:57 | 老後の生き方

年齢を重ねればどこかしら不具合はでてくるもの、若い頃出来た

ことができなくなるのは当たり前、また老いは心身の衰えもある

記憶力、思考力、想像力、柔軟性も当然衰える、老いは孤独と隣

合わせ、輝かしい人生を送った人ほど落差が大きく、軟着陸が

しいといわれてる。

 

また他人の介護を受けざるを得ない老人と日常生活をなんとかで

る老人との差は大きい、しかし、この先どうなるかは誰にもわ

からない、不安の種を挙げたらキリがない、それよりも老いをネ

ガティブにとらえないで老いを受け入れるしかない。

 

いくつになっても好奇心と向上心を失わないで精一杯生きたあと

自然の力に身をゆだねる、延命治療はしない、いずれ人は死ぬ

ず死ぬ、その時に「生まれてきてよかった、生きてきてよかっ

たと思いながら死ぬこと」それこそ大往生、そんな思いで死ねた

ら最高だと思っている。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログの書き手と読み手の心理 | トップ | 老後の「きょうだいリスク」... »
最近の画像もっと見る

老後の生き方」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL