団塊シニアのひとりごと

定年退職して7年目の団塊世代です、定年後の生活で
日々感じたことを伝えたいと思ってます。

他人にはわかりにくい痛みの程度

2017-07-01 06:08:43 | 健康

持病の腸の病気で年に数回、激痛に悩まされる、この痛みを医師

に伝えるとき、キリキリ、ガンガン、ジンジンなど痛みを形容す

る言葉はあるけれどうまく伝えにくいものだ、ましてや他人には

わかりにくい。家族でさえ、またいつものことだと位にしか思っ

てないものだ。

 

けれど他人の痛みを本当に理解自分の痛みを的確に人に伝えるこ

とができるだろうか?たしかに痛みの感覚や言葉の理解には個人

差が大きいので痛みによって共通の尺度を立てることは難しい。

 

 

例えば地震の強度のように震度1と震度4では違う、また介護認

定のように、要支援1と要介護3ではかなり違う、このように痛

みも客観的に指標を持つことができれば痛みもわかりやすいかも

しれない。

 

人間はさまざまな痛みや苦しみの中で生きている、しかし人は痛

みの前ではたじろぎ、打ちひしがれ、謙虚になる、そして他人に

はわからない多様な痛みがあることは確かである。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人間が生まれて死ぬまで知り... | トップ | 老後は学ぶことを楽しみたい »
最近の画像もっと見る

健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL