団塊シニアのひとりごと

定年退職して7年目の団塊世代です、定年後の生活で
日々感じたことを伝えたいと思ってます。

平均寿命は延びてるけれど

2017-06-15 05:36:29 | 健康

平均寿命は延びている、男性80.50歳、女性86.83歳、人生

50年といわれた昭和22年当時より30年も延びている、平均寿

命が延びたのは医療のおかげである、ただあと何年生きるという保

証はない、平均寿命や平均余命はあくまでも平均、その人の寿命は

末期がんでもない限り誰にももちろん本人にもわからない。

 

実際死は常に思いがけないかたちで襲いかかってくる、いつどんな

形でやってくるかわかったものではない、病気の問屋と言われた人

が90歳になってもかくしゃくとしてたり、スポーツマンで何一つ

病気をしたことがない人が突然病いで倒れ60歳そこそこで亡くな

ったりする場合がある。

 

だから本当にわからないものだ、それでも平均寿命にこだわり長く

生きることが人間の幸せだと思っている人が多いことも確かである、

しかし人間は必ず死ぬ、生きている限り必ず死ぬ、本当の人生は人

は必ず死ぬという事実をしっかり受け止めて今を生きていくのが人

生なのかもしれない。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老後は自分軸の生き方をしたい | トップ | 裕福な高齢者はごくわずか »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL