インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロ

2017年01月04日 | 日記
インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。


長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。


ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。


自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。


欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。


上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。


だからガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。


骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。


もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。


最近話題になることも多いのがインプラントです。


しかし、気に留めておくべきポイントがあります。


それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。


インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。


インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。


腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。


インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。


まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。


あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。


この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。


このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。


今流行りのインプラント。


一度埋め込めばその効果は普通にしていれば一生物などと言われますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。


口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。


口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命も短くなってしまいます。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« インプラントの定着には長い... | トップ | よくいわれるインプラントの... »