インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

欠損した歯を補う手段はいろいろあ

2016年10月12日 | 日記
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもインプラントにして良かった点の一つです。


隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。


人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強度を備えています。


もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。


インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。


既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくことを忘れないでください。


美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療が事故につながる可能性があります。


最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。


歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。


インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。


麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。


麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。


どんなインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。


インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングを忘れることはできません。


しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。


放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。


現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。


ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。


歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。


よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 普通、インプラント治療の全部が | トップ | 忘れてはいけないこととして... »