インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を

2017年04月21日 | 日記
重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。


ブリッジでもいいですよと言われましたがこのような場合、インプラントにもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。


費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。


手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かったと思いました。


忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。


歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。


前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。


長く根気のいるインプラント治療。


しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。


インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。


歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、サボらず毎日のケアを行ってください。


日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。


さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、異常に気付くのも遅くなります。


治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。


もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。


特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのは必須です。


さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。


最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。


少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。


インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。


一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。


ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。


先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 一本のインプラントを入れる... | トップ | インプラントが世の中に定着... »