インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

基本的に全て自費治療となるのが

2017年05月16日 | 日記
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。


高額の費用を一度に用意できない方も多いのが当然です。


それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社が作ったローンを利用できる便利な歯科医院も多くなってきました。


治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療の開始は実現できるようになりました。


これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。


この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。


それにとどまらず、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、きちんと感染症対策がなされている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。


インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい方にすすめられる治療なのです。


周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。


インプラントは入れ歯に比べ、自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。


数々のインプラント治療の問題点について、いろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。


それは本当のことではありません。


確かに、MRI検査では磁気を使うので金属があれば、そこは乱れて映ります。


インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。


なので、MRI検査には影響ないと考えてください。


多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、何といっても費用の問題でしょう。


保険適用外のケースが圧倒的多数で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも相当差が開きます。


治療が終わっても、ずっと定期検診がある点も知っておく必要があります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« インプラント埋入手術は局所... | トップ | インプラント治療を掲げてい... »