インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

忘れてはいけないインプラントの

2016年12月07日 | 日記
忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。


見た目からしても、自分の歯のようにかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。


自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。


誰でもインプラント治療ができるわけではありません。


その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。


おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですから失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用にはかなりの開きが出ますし、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。


治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないということも覚えておきましょう。


どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。


様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。


クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。


インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。


インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。


これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前に既往症を完全に治しておくことを忘れないでください。


また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。


もちろん、こうした既往症があるだけで治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。


どうにも入れ歯がしっくりこない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にぴったりくるのはインプラントです。


インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。


あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 安易にインプラント治療を始... | トップ | インプラント治療にある程度... »