インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

歯科治療の現場は日々進化を続け

2016年11月26日 | 日記
歯科治療の現場は日々進化を続けています。


最近は、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それも皆無とはいきません。


義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食事の際にグラグラと動いてしまうというケースも稀に報告されています。


こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに原因があると言ってよいでしょう。


高い技量を持つ歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。


インプラント治療が適用されるケースとして、失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。


ブリッジ治療で考えると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。


両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。


数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという問題はありませんでしたか。


それは気にしないでください。


MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。


ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。


歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。


しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。


保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。


あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。


これを保険適用にしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。


どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。


場合によっては、保険診療にもできるようですが、その条件はとても厳しいのです。


自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。


現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを覚悟した上で始めなければなりません。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 新たな歯科治療の形として注... | トップ | 全てのインプラント患者にと... »