インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

歯科治療とは言え、インプラント埋入

2016年11月20日 | 日記
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力安静を保って過ごすのが無難です。


日常生活では力をかけないように努め、身体に負荷をかけるくらいの運動は当分控えてください。


傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。


運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。


どんなインプラントも虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。


インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングが必ず求められます。


もしも、インプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。


放置すると炎症が広がるので早急に診察を受けましょう。


長く根気のいるインプラント治療。


しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。


インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。


劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。


自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。


加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。


担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。


インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くことも考えるべきです。


北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界中の歯科医が研修を受けています。


寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、可能性を追求して、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることに努めましょう。


どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。


ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、普通のケースではまず適用されずほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。


インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでください。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« インプラントとクラウンがど... | トップ | 年々利用者が増えてきたイン... »