インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるの

2016年11月07日 | 日記
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという患者さんにお薦めします。


周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を希望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。


インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。


代表的なインプラント適用のケースは、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。


ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。


インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯のみに働きかける治療と言えます。


両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。


インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。


酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなど、問題となる不具合が報告されています。


そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足が要因となっています。


インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科で治療を受けるようにしましょう。


検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。


なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療は他の人工歯を使った治療に比べて時間も手間もかかるからです。


土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。


これを保険適用にしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。


この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、全身麻酔になることはほとんどありません。


糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。


加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。


腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院が必要になることもあるので、注意してください。


これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« どんな治療でもそうですが、... | トップ | インプラントの人工歯(上部... »