インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

これからインプラント治療を受ける方にとっ

2016年11月12日 | 日記
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。


この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。


それだけでなく、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。


保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。


普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。


地域によってかなり料金は異なります。


また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。


ここで重視すべきなのはインプラント治療を受けた方からの評価です。


多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。


手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすのが無難です。


力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動はしばらく行わないようにしましょう。


血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。


日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。


がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。


毎食後に磨き残しがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが、インプラント維持のために必要です。


人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。


希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずインプラントの埋入まで行けないこともあります。


ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならまだあきらめなくて良いかもしれません。


歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも相当数が治療できるようになってきました。


現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことを勧めます。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« ブリッジや入れ歯に比べ、イ... | トップ | 歯科治療の一環として、イン... »