インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

最近メジャーになってきたインプラントです

2017年03月07日 | 日記
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。


とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずしもこうなるとは言えず、結局、治療してみるまで分からないということになります。


鎮痛剤を飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、直ちに歯科で診てもらってください。


どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。


両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラント治療に決めました。


保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。


手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。


インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、それらのパーツの構成により、複数のタイプに分類することができます。


骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。


他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。


2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。


インプラント治療はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。


まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。


あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。


人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。


仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。


多くのメリットを知られるインプラント治療。


でも、そのマイナス面も知らなければなりません。


まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。


高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。


加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。


本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 歯科治療の新たな形として注... | トップ | 最近話題になることも多いイ... »