インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

歯科治療の新たな形として注目されているインプラ

2017年03月06日 | 日記
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。


その人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。


陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。


高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必要不可欠です。


もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、その分、インプラントの人工歯は、従来の金歯よりも高額になるのです。


入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。


ですが、他の治療法と同様、注意すべき点があります。


まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。


後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。


どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。


そのような場合は別の方法に頼るしかありません。


入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラント治療がすすめられるでしょう。


外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつけるため、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。


見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。


例外はありますが、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。


全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。


医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。


医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。


年々利用者が増えてきたインプラント。


その施術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。


旧来の入れ歯と比べた場合、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。


この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の卓越した技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。


それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« インプラントとクラウンの決... | トップ | 最近メジャーになってきたイ... »