インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

多くのメリットを知られるインプラ

2016年10月15日 | 日記
多くのメリットを知られるインプラント治療。


でも、それと裏腹のデメリットもあります。


まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。


高額のケースでは、数十万円必要になるケースもあるのです。


そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるリスクも背負っています。


まれな症例として、患者の死亡例も実際にあります。


手術して人工歯根を埋め込んだ後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。


手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが圧倒的に多いです。


ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでください。


新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。


その点は、担当医の技量に加え、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、人と状況によりけりなのです。


担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。


骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。


口内のセルフケアを怠れば、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。


さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。


インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。


かなり専門性の高い外科的治療を要するので、症例数が多ければ多いほど良く、経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。


それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« インプラント治療のほとんど... | トップ | 例外はありますが、インプラ... »