インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはも

2016年12月28日 | 日記
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。


他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。


また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。


チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。


インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。


治療が終わったところで、重要なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。


一本のインプラント治療にかかる費用は普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。


地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。


また歯科医の評判によっても料金はずいぶん違ってきます。


複数の医院の費用を調べて比較検討し、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。


いろいろなデータの中でも重要なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。


何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。


インプラントの利用を考える際に、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。


その点は、担当医の技量に加え、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。


歯科で鎮痛剤の処方を受け、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、直ちに歯科で診てもらってください。


インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は小さくないと覚悟してください。


インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療成功の絶対条件となります。


そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。


インプラント治療のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではしっかり禁煙するべきでしょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 忘れてはいけないこととして... | トップ | 大きな効果を得られるインプ... »