インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

代表的なインプラント適用のケー

2017年04月05日 | 日記
代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいという患者の希望がある場合です。


ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。


他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。


入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。


インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。


あくまでも見た目、もしくは使った感じを重視する方には最適です。


インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。


実は、かかる費用は歯科医院それぞれでずいぶん違っています。


この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。


大まかな相場はありますので、心配しないでください。


欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的です。


インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を生じるのが当たり前の反応です。


腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。


もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。


指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。


残念ながら、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。


医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして医療費を収入から引くサービスを受けられます。


医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたら再発行はできないと考え、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 忘れてはいけないインプラン... | トップ | 全てのインプラント治療にと... »