インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだときに安

2017年02月09日 | 日記
インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもこの治療の良さでもあります。


隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れるのではと心配する必要はありません。


ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに丈夫に作られていることはいうまでもありません。


たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。


歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。


歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。


従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。


現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。


歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごさなければなりません。


日常生活では力をかけないように努め、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらく行わないようにしましょう。


傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。


日常的に運動を続けている方なら、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておけばベターです。


完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、他の治療法と同様、注意すべき点があります。


それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるという事実です。


糠喜びにならないためにも知っておきましょう。


インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。


糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる場合があることに留意してください。


一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。


使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。


血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。


加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。


腸骨など自家骨の移植手術であれば入院して手術するケースも実際にあります。


もし、自分が該当すると思われるなら治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 入れ歯や差し歯と比べても利点 | トップ | 一般的なインプラント治療は... »