インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

基本的に全て自費治療となるのが、イ

2017年01月25日 | 日記
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。


高額の負担が重くのしかかる方もかなりいるようです。


そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。


全ての費用を現金一括払いできなくても、自分が希望する治療を始めることは実現できるようになりました。


インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つというのが多くの意見です。


ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。


一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。


口内のセルフケアを怠れば、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。


ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、義歯の耐用年数自体にも影響が出ます。


歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。


何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。


インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。


インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。


なお、インプラント治療は全て自費となり、治療にお金がかかることは承知しておいてください。


インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。


それは違います。


磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。


ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応しない性質を持っていて検査には問題ないのです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 最近話題になることも多いイ... | トップ | 歯を抜いたところにも人工歯... »