インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

虫歯をひどくしてしまい、抜くしかなくなってしまい

2017年05月18日 | 日記
虫歯をひどくしてしまい、抜くしかなくなってしまいました。


両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気持ちが固まりました。


結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。


手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。


インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。


周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由で必然的にインプラント治療になるという患者さんに適用されるのが普通です。


インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。


インプラントとクラウンがどう違うかというと、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。


差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が健全であれば上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。


しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するというインプラント治療が候補となります。


インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。


保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。


それでも保険適用外なのはインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。


手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。


これを保険適用にしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。


インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。


自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。


人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強いものでもあります。


どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« インプラント治療を掲げてい... | トップ | インプラントの定着には長い... »