インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用さ

2016年09月18日 | 日記
インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。


医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。


医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に治療費を収入から引くことができます。


確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年単位で、大事に保管しておきましょう。


虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。


小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。


残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。


異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。


インプラントはどのくらい保つのか、現状では確実な説はありません。


歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが多くの意見です。


すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。


典型的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。


まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。


あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという段階を踏みます。


時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。


仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。


歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。


しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。


今後もおそらく保険はきかないでしょう。


なぜならこの人工歯治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。


インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。


全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 最近メジャーになってきたイン | トップ | インプラントが虫歯になるこ... »