インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

インプラント埋入手術とは、人工歯根を

2017年05月14日 | 日記
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので術後の患者さんは、ほとんどが人工物を入れられた違和感を感じています。


腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて我慢あるのみです。


もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。


こうなれば我慢は必要ありません。


すぐに診療を受けましょう。


どうにも入れ歯がしっくりこない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのはインプラントです。


あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。


おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。


どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。


いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療にかかる費用は気がかりでしょう。


実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれで相当な開きがあります。


この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。


ただし、おおよそ相場は決まっています。


欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的です。


人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。


保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを入れるという一連の治療は他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。


あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。


治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。


ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはありがたみを実感する点です。


上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。


人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。


もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 重要な確認事項として、イン... | トップ | インプラント埋入手術は局所... »