インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなっ

2017年05月06日 | 日記
重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなってしまいました。


ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。


結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。


インプラントで噛むようになり、しばらくして噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントが正解だったと思います。


少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。


そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。


ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。


口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。


また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。


インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなので術中の痛みが怖いと思います。


どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。


手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。


麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みを感じることもあります。


痛み止めは頓服として処方されますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。


インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は決して看過できるものではありません。


一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことがその後の治療に関わる重要な問題です。


組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などはかなりマイナスに作用します。


インプラント治療の成功を願うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙を決意してください。


これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。


この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。


また、できれば費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 他の歯科治療同様、インプラ... | トップ | インプラント治療では人工物... »