花歩る木

山と旅がすきです

早春の神代植物園

2017-03-05 17:40:54 | ウオーキング


3月5日神代植物園へ行ってきました。

    光の春、気温の春・・・と、今日の天気を気象予報士がいってましたが、風もなく
    穏やかな
春の日ですので、最寄りの駅からバスで30分の植物園へ行ってきました。

      
      オオカンヒザクラ  カンヒザクラから誕生したサクラ

      
      芝生広場

      
      サクラ園の臨床では、ハルザキクリスマスローズが花の盛り

       
      山野草園で見つけた ユキワリイチゲ     

      
      サンシュユ

      
      ツバキ園は、約260品種のツバキを見ることができ、うち約100品種は江戸時代から伝わるもの
      だそうです。江戸初期、2代将軍秀忠が特にツバキを好んだので、大流行したとか。
      「赤石潟」(あかいしがた)と言う直径13センチもある花を拾ってマッスにしました。

      
      3月3日、4日は「だるま市」が開かれていたんですが この日も大勢の人

      3月下旬になれば、百花繚乱の春が見られるはず。園内のあちこちではコブシがふくらみ
     はじめていますし、神代植物園で発見されたジンダイアケボノサクラがほころび始めるでしょう。
     シダレサクラもトンネルを創るでしょうから、春はそこまでやってきています。

ジャンル:
植物
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 香港の山・トレッキング 2 | トップ | オルセーのナビ派展(三菱一号... »
最近の画像もっと見る

ウオーキング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL